【業務スーパー】じわじわ味わい深くなる「まるごとさくさくレーズンパイGARIBALDI」

こんにちは、つたちこです。
業務スーパーおやつ探索。見たことのないものを発見したので買ってみました。
その名も「まるごとさくさくレーズンパイGARIBALDI」

写真:業務スーパー まるごとさくさくレーズンパイGARIBALDI


これは日本語表記の商品名で、本家(原産国ウクライナ)は「Grona GARIBALDI Puff Pastries」とありました。
Gronaはどうやら社名っぽいですね。

レーズンパイって、東鳩オールレーズン的な感じかしら? と期待して買ってきました。
(オールレーズン、好きです。というかレーズンが好き)

写真:業務スーパー まるごとさくさくレーズンパイGARIBALDI

あけると、一応個包装ぽくなってます。
パイ4枚入りで1袋。これが6袋入ってます。

パイのサイズも結構大きく、手に持つとずっしり。
「パイ」なので、湿気らないように個包装になってるのかもしれません。
この湿気の多い季節には助かります。

写真:業務スーパー まるごとさくさくレーズンパイGARIBALDI

<スポンサーリンク>

個包装をあけるとこんな感じ。
見た目は若干オールレーズンと似てますが、よく見ると、ちゃんと「パイ」っぽかった。
そして1枚でも重量感が結構ある。
表面には砂糖がまぶしてあります。

いざ、食べてみる。
パイといっても日本の源氏パイやパイの実みたいな「さくさく!」とした軽さではなく、みっしりと詰まった感じのパイ。
ケーキのナポレオンパイとかで、結構みっしりと焼いたパイがありますが、ちょっとあのイメージ。
噛み応えが結構あります。

甘いレーズンもしっかり入っていて、ねっちりした部分も。そこは満足度高い。
パイ自体の甘さはそれほど強くなくて、好みかな。

しかしこのパイ、ものすごく乾燥している。
バリっと噛むとパイが砕けて口の中に広がるのだけど、口の中の水分、全部持ってかれる感。
しっとりしているより乾燥しているべきお菓子だとは思う。正しい。
けどコーヒー、あるいは水が必須です。

まずくはないけど、2度目はないかなあ、と当初思っていました。
ですが、これが6袋入りでたっぷり入っているので、当然翌日以降もおやつとして食べます。

<スポンサーリンク>

2度目、3度目とかじっていくうちに
「あれ、なんかおいしいな……?」
と感想が変わってきました。

パサッと感は変わらないんだけど、味自体は結構好みなのだな。

水分をごそっと取られるので、真夏の外とか遠足のおやつとかでは絶対食べたくないタイプのおやつですが、室内でアイスコーヒーとか飲みながらなら、全然アリです。
(うちはホットコーヒーですが……)

あるいはこのザクザク感を利用して、アイスとかと一緒に食べるのもよいかもしれません。ウェハース代わり。

見た目地味だし、味も「うまい!」とうなる感じではないんですが、素朴でかつじわじわおいしいタイプでした。
こういうお菓子はロングセラーになると見た(ウクライナでの人気が気になるなあ)。


業務スーパーでのおやつ探索は宝探し感があって楽しいです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。