【鹿児島ランチ】仙厳園「桜華亭」桜島の絶景をみながら薩摩料理をいただきます

こんにちは、つたちこです。
母といく鹿児島食い倒れツアー、名勝仙厳園内にあるレストラン「桜花亭」でランチを食べました。

 

母の鹿児島旅行リクエストで「絶対に行きたい場所」だったのが仙厳園(せんがんえん)。
1658年に築かれた、薩摩藩主 島津家の別邸。
2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の撮影でもロケ地として使われたそうです。
実際に使っていた場所ですから、そりゃロケ地にもしますよね……。

写真:鹿児島 仙厳園
島津斉彬公が好んで座っていたという場所から見る景色。

 

それにしても、復元でなく、実際の御殿やお庭がそのまま残っているのがすごい。
行った日はとてもいいお天気で、「こんなにきれいに桜島が見えるのは珍しい」とのことでした。
とても雄大できれいな日本庭園でした!
巨大な石灯籠はいったいどうやって積んだのか謎すぎる……。

写真:鹿児島 仙厳園 巨大な石灯篭
サイズ感が伝わりにくいですが、めっちゃ大きいです。

 

そんな仙厳園の中に、何か所か食事やお茶ができる場所があります。
今回行ったのは、「桜華亭」
絶景を見ながら食事ができるレストランです。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭
桜華亭の入り口。
島津家の家紋がさりげなく(でもいろんなところに)あります。

 

場所は仙厳園の中、正門のそばにあります。
入場料を払って入らないといけないレストラン。
食事のタイミングにあわせて仙厳園見学をするのがお勧めです!

 

すっきりシンプルなデザインの建物の二階にある「桜華亭」。
階段とエレベータがあるので、車いすやベビーカーでも安心です。

お店に入ると、広い窓から桜島が一望!!
テーブルから、仙厳園のお庭ごしに、錦江湾、そして桜島がどーんと広がって見えます。
これはすごい景色!
目のごちそうです。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭
まずここで「おお!」ってなる。

 

手前にはカウンター席もあって、完全に桜島と向かい合ってごはんを食べることもできます。

今回は、奥の窓際のテーブル席に案内してもらいました。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭店内
店内はひろびろ~。

 

島津のお殿様気分で、景色を眺めながらランチメニューを拝見。
鯛しゃぶ御膳、差馬郷土料理御膳、黒豚カツ御膳、黒豚しゃぶ御膳、鯛茶漬け、鶏飯御膳、などなど。
だいたい1600円~2500円くらいのラインナップ。

ちなみに、鯛は「28代島津斉彬公が鯛好きだったから」という理由でのラインナップだそうです。

<スポンサーリンク>

 

悩んだ末に、私は鶏飯御膳、母は鯛茶漬け、オットは黒豚カツ御膳にしました。
母だけ、殿様ごのみですね。
雄大な景色を眺めつつ待ちます。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 窓から見える桜島
大きな窓から見えるこの景色!

 

10分ほどでお膳が到着。

こちらは鶏飯御膳
鶏飯(けいはん)は、奄美地方の郷土料理です。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 鶏飯御膳
鶏飯御膳きました!

 

とはいえ、今では鹿児島ではどこでも食べられるそうで、先日書いた「さつま路」にもメニューにありました。
(その時はおなか一杯で食べられなかったのですが……)

 

このお店では、ごはん、具材、出汁がそれぞれ別で出てきました。
具は、蒸し鶏、錦糸卵、しいたけの煮たの、漬物、刻みのり、柚子の皮、小葱……など。

具をご飯の上に移動して、ポットに入った鶏だしをたっぷりかけて。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 鶏飯
ぜんぶのせ!美しくのせられなかった!

 

いただきます!

おお、お上品な出汁の味……。

実は前日の朝、ホテルの朝食でも鶏飯を食べていたのですが、どのくらい違うのか食べてみたかったのでした。

ここの鶏飯は、出汁の味がとてもすっきりあっさりしてました。

ごはんと具材と一緒に、出汁ごとスプーンで食べると、するする食べられてしまいます。
結構大盛りごはんだけど!

いろんな具をのせているので、むちむち、ふわふわ、こりこり、と歯ごたえがそれぞれ違うのがまた楽しい。

そのほか小鉢にヒジキ煮、刺身こんにゃく、さつま揚げ、フルーツ。

 

母の頼んだ鯛茶漬けはこちら。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 鯛茶漬け
鯛茶漬け。軽めに見えて結構たっぷり。

 

ゴマ醤油のタレにひたったタイのお刺身がおいしい! と好評でした。
九州の甘いお醤油とすりごまのたれ、おいしいのよね。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 鯛茶漬けの鯛
鯛もたっぷり。

 

ごはんは御櫃で出てきて、おかわりができるようになっていました。
まずはお刺身でそのまま、その後ごはんにのせて出汁をかけて、と2度おいしく食べられるようになっています。

<スポンサーリンク>

 

オットの黒豚とんかつはこちら。

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭 黒豚とんかつ御膳
ボリュームたっぷりの黒豚重ねカツ。

 

ただのとんかつじゃなくて、薄切り肉を重ねたミルフィーユカツでした。
ザクザクのころもとジューシーな黒豚がおいしかったです。

 

ごちそうさまでした。

仙厳園に入場料を払わないと来られないお店ではありますが、その抜群の景色はほかに変えられないものがあります。
ちょっとお値段高めで観光地価格……とは思いましたが、お殿様と同じ景色みながら食べられることもそうないですよね。
殿様気分で、雄大な景色を見ながら食べられるごはんでした。

 

ところで、この日、桜島はほとんど煙が出てない状態でした。
食べている間にちょっとだけ煙が上がったのですが、15分ほどで消えてしまいました。
こんな煙のない桜島もあるんですね。
(日常的にもくもくと煙が上がってるものだと思っていました)

写真:鹿児島 仙厳園 桜華亭から見える桜島
ちょっとだけ煙が出た! の瞬間…

 

仙厳園 桜華亭
鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1

 

鹿児島食い倒れの旅は、ほかにもいろいろ!

https://tsutachi.co/blog/2019/06/ibusuki-iokaido/

https://tsutachi.co/blog/2019/06/satsumaji/

https://tsutachi.co/blog/2019/06/kagoshima-sueyoshi-unagi/

https://tsutachi.co/blog/2019/06/mujaki-shirokuma/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。