鹿児島指宿の道の駅「山川港 活お街道(いおかいどう)」でとれたての海鮮丼!

こんにちは、つたちこです。
鹿児島おいしいものツアー、2日目のランチは海のもの!
鹿児島県 薩摩半島の南端、指宿の道の駅 「山川港 活お街道(いおかいどう)」に行きました。

 

道の駅「山川港 活お街道(いおかいどう)」があるのは、指宿の山川漁港のすぐそば。
採れたての魚を食べさせてくれるそうです。

写真:道の駅 山川港 活お街道 外観

無事にたどり着きました

 

鹿児島中央駅から、車で1時間半くらい。
知覧経由でたどり着いたのが14時前でした。

 

食堂の営業時間は15時までと調べていたのですが、万一やってなかったらどうしよう、とドキドキしながら向かいました。
無事営業中で、ほっとしました。

写真:道の駅 山川港 活お街道

食堂はこちら!

 

入口には、芸能人やアナウンサーらしいサインがいっぱい。
取材されまくってるんですね。

写真:道の駅 山川港 活お街道 店内のサイン

石ちゃんだと一目でわかるサインも。

 

この店は道の駅のお店ですが、普通の飲食店のように後から会計タイプです。
テーブルに座って、メニューを拝見。

一押しは、やっぱりお刺身。
漁港で上がったお魚をがっつり乗せてくれるみたいです。

盛り合わせだと、海鮮丼、お刺身定食がありました。
あとは、菜の花かんぱち丼という、指宿で養殖しているかんぱちの丼や、鰹を使った漁師めしや蒲焼、かつおカツ定食など。
鰹の角煮を使った「温たまらん丼」というのも名物のようです。

どれも気になりますが、私は菜の花かんぱち丼(780円)、母は海鮮丼(1380円)、オットはかつおカツ定食(1,000円)をお願いしました。

鹿児島は、養殖かんぱちの生産量日本一なんだそうですよ!

<スポンサーリンク>

 

お店はガラス張りで、窓からは港が見えます。
あいにくの曇り空でしたが、海は静かでした。

写真:道の駅 山川港 活お街道 中からの風景

窓から港が見えます。

 

今回、平日の中途半端な時間に行きましたが、結構入れ替わり人が訪れるので、人気ぶりがよくわかります。
土日は混雑しそうですね。

写真:道の駅 山川港 活お街道 店内の様子

テーブルの数は結構多かったです。

 

それほど待たずに、どんぶりがやってきました!

かんぱち丼!
ではいただきます。

写真:道の駅 山川港 活お街道 菜の花かんぱち丼

かんぱち丼、きました!

 

かんぱちのボリュームはそれほど多くないです。
ご飯の上には、錦糸卵やのりが散らしてあります。
そしてどんぶりの半分は、玉ねぎスライスやニンジンの千切りなどがのっている感じ。

ですが!
かんぱちの厚みがすごい! 一切れが大きい!
いやな臭みはゼロで、ものすごく旨みが強い。おいしいです。

ごはんは薄味の酢飯でした。
海鮮丼は、白ごはんより酢飯のほうが好きなので嬉しい。

あと、どんぶりの半分を占めた玉ねぎスライスなどの野菜。
野菜多いなー、と思っていましたが、これが地味においしくてですね。
わさび醤油につけて食べると、いくらでも食べられちゃう……。
しゃきしゃきっと瑞々しい野菜がとてもおいしかったです。

 

そして母の頼んだ海鮮丼です。
どーん。

写真:道の駅 山川港 活お街道 海鮮丼

海鮮丼のどんぶり大きすぎ!

 

ラーメンどんぶりかな? というサイズの器に、ずらっと並ぶお刺身。
これはすごい。
かつお、かんぱち、まぐろ、鯛、ぶり?、そしてえびというラインナップ。
こちらも身が厚くて、新鮮そのものという感じでした。

「食べ切れない!」というので、少し分けてもらいましたが、おいしかった!!

 

オットの頼んだかつおのカツもすごかった。(写真を撮り損ねました……。無念)
かつおのお刺身のサク、1匹の1/4にしたサイズですね。
アレに衣をつけて丸ごと揚げてあるのです。
カットした断面は、中はレア、外はカリカリ、という状態。

ソースや醤油で食べるのですが、かつおのたたきをもっとボリュームアップし感じ。
ざくざくした衣と、かつおのねっとりとした旨みがマッチしたおいしいカツでした。
しかしボリュームがすごい。
1人前とは思えない量でした。

 

<スポンサーリンク>

あと特筆したいのが、お味噌汁です。
魚メインのお店ならではのあら汁なんですが、なんていうか……旨みの塊?
あらをふんだんに使っているんだろうな、というのが伝わる、ものすごい出汁のおいしいあら汁でした。

とてもおいしかったです。胃袋にしみたー。

 

ごちそうさまでした!

この後、夜の部(旅館)があるので軽めに、と思っていたのに、めちゃくちゃおなか一杯になってしまいました……。
うう、まさに食い倒れツアーの様相になってきました。

 

道の駅なので、産地のおみやげもたくさん売っていました。
生ものは後行程があるので買えなかったですが……。

写真:道の駅 山川港 活お街道 かつお

おいしそうだし安いし!気になる!

 

安いし種類も多くて(糸島とはやっぱり魚の種類が違いますね)見てるだけで楽しい。

写真:道の駅 山川港 活お街道 お刺身売り場

お刺身もずらり。

 

鹿児島ならではのそら豆ジャムや紫芋ジャムも気になりましたが、今回は見送り。

写真:道の駅 山川港 活お街道 加工品売り場

そらまめも紫芋も鹿児島特産ですが、ジャムとは!

 

産直市場はほんとに楽しい。
おみやげ買うなら、産直に行くのが一番好きです。

 

道の駅山川港活お海道
〒891-0506 鹿児島県指宿市山川金生町1-10

道の駅山川港活お海道
市場食堂 鶴の港 (山川/魚介料理・海鮮料理)
★★★☆☆3.19 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ