「熊本城マラソン2018」備忘録 持ち物&服装編

こんにちは、つたちこです。
昨日に引き続き、熊本城マラソンのお話です。

「熊本城マラソン2018」暑くて坂が多くて大変!熊本城は難攻不落でありました
こんにちは、つたちこです。 2018年2月18日、熊本城マラソンに出場してきました。 熊本市街に行くのは初めてです。 どでかいアー...

今回は、次回への備忘録として、持ち物と服装などについてまとめます。

持ち物編

今回のレース中の持ち物はこちら。

持参の結果

スポーツようかんは、レース中の公式補給食がたっぷりあったので、10km前くらいに1本食べた以降は、食べませんでした。
熊本城マラソンに出るなら、補給食の持参は少なめでもいいかも。

Shots(カフェイン入り)は3本のうち、2本飲みました。
すっごい飲みにくいですが、飲むとマジで元気が復活するので、これは必ず持っていくべき。
ドロ甘のジェル状なので、給水所で水と一緒に飲み干します。

本当は持っていくべきだったもの

今回の痛恨のミスの忘れ物。
レースペースチャートを、ホテルに忘れてしまいました。

去年と同様、ガムテープに手書きして、腕に張り付ける準備までして持って行っていたのに!!!
服装に悩んだので、ホテルで張り付けず、現地で最終的に貼ろう、と思っていたのがまずかった。

きっちり書き込んで行ったのに…(涙)

<スポンサーリンク>

 

あと、ホテルに戻ってからわかったのは、その書き込んだガムテープを貼ったクリアファイルの上に、大会パンフレットを重ねておいてました……。
パッと見で、存在が見えなくなっていたのですね。

次回はこういうことがないように!! 十分気を付けようと思います。

 

そして、まさに今! わかったのですが、「もう捨てよう」とクリアファイルからはがしてみたところ、粘着力がものすごく弱くなってて、たぶん腕に貼って走っても途中で剥がれてたに違いない。
(100均のガムテープよ……)
忘れてなくても、たぶんダメなパターンでした。

何事もぶっつけ本番はダメですね。
あわせて次回への教訓にします。

服装編

家からは、半そでセット、長そでセットと両方持参しました。
寒いのか暑いのか、悩みに悩んで、会場についたところで最終的に決定。
こんな格好で走りました。
寒さ想定した中では、かなり重装備にしてしまいました。

各リンクは、それぞれについて紹介した記事です。

※スタート直前まで、100均で買った雨合羽を着て寒さを防いでました。
※ホッカイロも買ったのに、使い損ねました…。

 

前回の記事にも書きましたが、スタート前に待っている間はビルの陰で寒かったものの、走り出した後は快晴、そして気温もぐんぐん上がり、すぐに汗がたくさん出てくる展開でした。

長そでシャツ一枚、あるいは半そでシャツとアームウォーマーでも十分だったなあ、と5kmくらいの地点ですでにちょっと後悔。
この時期の熊本は結構寒い、と聞いて警戒し過ぎてしまいましたね。

 

あともう一つ「失敗した」と思ったのは、長そでシャツの上にフリップベルトを巻いたこと

<スポンサーリンク>

上着を着ていたので、少しでも中身が取り出しやすいように、と下着の上ではなく長そでシャツの上につけていたのですが、これがおなかの部分で空気の通りを悪くして、暑さを増幅してしまったかもしれません。

 

というのも、走ってる最中に荷物をとろうとして、フリップベルトを少しめくり上げたら、一瞬すごい涼しくなったのでした……。

シャツを外に出すか!? とも考えましたが、走りながらなので、中身の荷物が落ちるなどの余計なトラブルになってもいやなので、あきらめました。

次回に向けて…

服装に関しては、天候次第のところもあるのですが、寒さにビビりすぎない、というのが教訓でしょうか。
どんなに寒くても、しばらく走ると暑くなるのは絶対なので……。
最初は寒いくらいでも我慢すべき。

 

持ち物に関しては、余分に持って使わない分には問題ないのですが、少しでも重量を減らして楽に走る、という意味では、次回も熊本城マラソンに出るなら補給食(カロリー摂取分)は少な目でOKかな。

ただし、あくまで今回うまくいったケースなので、「うまく補給食がとれなかった……」みたいなことも想定して、念のため持っていくようにはしたいところです。

 

そしてなにより一番気を付けるのは、忘れ物!!!
これだけは次回ほんと気を付けたい。
ホテル(家)を出るときのチェックリストとか、作るべきだったなあ。

次回には用意します!! ほんとに焦ったので!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ