どうする炊飯器。実機を見て比較検討しました

こんにちは、つたちこです。
先日壊れてしまった我が家の炊飯器
早急に新しいものを手に入れなければなりません。

たぶん、一度買ったら相当長く使うであろう炊飯器。
適当に買って後悔したくない。

いろいろ炊飯器について調べました。
およその候補を出してから量販店に見にいったら、炊飯器担当?の店員さんがめちゃくちゃ詳しく教えてくれました。
おかげで思わぬ候補も出てきました。ありがたい!

一番は「火力」方式が違うらしい

最近の炊飯器は高い、というのは知っていました。
以前、炊飯器に関係する仕事をさせてもらったこともあるので、それなりに。
高いのは10万とかするんですよね……!

調べると、現在販売されている炊飯器の加熱は主に3種類。

  • マイコン
  • IH
  • 圧力IH

これが大きな違いで、それぞれの価格の差にもなっています。
どうせ買うならちょっとお金出してもおいしく炊けるのが買いたいけど、IHと圧力IHでそんなに違うの? とちょっと懐疑的です。

店員さんいわく、IHでも十分おいしいと思ってたけど、圧力IHは全然別物だそうです。
非常に熱を帯びた説明で、彼の体験を信じてみる気持ちになりました。

炊飯器メーカーは2大巨頭

炊飯器のメーカーは色々ありますが、シェア的には圧倒的に象印タイガーだそうです。
パナソニックとかも頑張ってるイメージがありましたが、実際は上記2社が圧倒的らしい。

<スポンサーリンク>

あと穴場(?)は東芝。東芝の炊飯器はお値段お手軽で、でもおいしく炊けるそうです。
東芝は全然眼中になかったので、これはありがたい情報でした。
店員さんが「○○はだめですね」ってずばずば言ってくれたので信頼感アップしました。笑

主力は5.5合。しかし我が家は3合炊きで十分

これも知っていたことではありますが、炊飯器の主力は「5.5合炊き」。
でも今まで使っていた炊飯器は「3合炊き」で全然問題なかったし、むしろそんなに大量に炊くことはないかな、と今度も3合炊きを希望。サイズも小さい方がいい。

たくさん炊いてたくさん冷凍って手もありますが、できれば炊きたてを食べたいじゃないですか。
2回に1回は炊きたて、くらいがいいなあ。

実際には、3合よりも3.5合炊きが多かったですが、選択肢が一気に狭まりました。

内釜の種類でおいしさが変わる?

内釜にも各社工夫がなされています。
鉄器コート、土鍋コート、備長炭を練り込んだ、ダイヤモンドコートでコーティングが強い、などなど。
普通のアルミやステンレスの内釜は、割と低価格帯にしか使われてないようです。

「そんなに味に影響あんの?」
と思ってましたが、店員さんいわく全然違うらしい。

土鍋はその土鍋成分で匂いなどを取ってくれるそうだし、備長炭も同じく多孔質故に匂いが悪くならないらしい。
鉄器は保温性が高い、などなど。
店員さんいわく「やっぱり土鍋釜が一番美味しいと思います」だそうです。
(じゃあ土鍋で炊くのがいいのか……!? でも面倒が勝ってしまうな)

高級炊飯器は、だいたい内釜のこだわりがすごい、ということがわかりました。

お手入れ方法チェックも大事

いくら美味しくても、炊くたびに手入れが面倒くさいとつらい。
ずっと使うものだし、都度やることが楽ならばそれに越したことはありません。

でも最近の炊飯器はそのへんもよく考えられてて、内釜と、内ぶたを洗えばOK、みたいなのもありました。
内ぶたも取り外しやすくなってて、凸凹が少ない機種も。
逆に、パーツがいくつか組み合わさっている機種もあり、そうなると当然それぞれを洗わねばならない。

この辺は、店舗でも確認しましたが、公式サイトから取説をダウンロードして手入れ方法を確認しました。

比較表、作りました

<スポンサーリンク>

事前調査と、店舗での調査の結果、象印・タイガー・東芝の3社3機種が候補に残りました。
おいしい白ごはん、という観点で、圧力IH。
最高級クラスではなく、手が出せる値段のもの。
デザインがすっきりしているもの。
このあたりが候補に残った理由です。

値段が結構いい値段なので、即決はできません。家に帰って検討。
サイトやカタログを見比べてもわかりにくいので、比較表を作ってみました。

こういうの作るの楽しい。

候補はこちら。

たぶん、どれでも十分おいしい

いろいろ調べましたが、結局買うのは1つだけ。
実際に食べ比べるわけではないので、どれを買ってもたぶん「おいしい!」ってなると思う。
他の機種のご飯を食べる機会があったとしても、それも「おいしい!」なんだろうな。

これまで普通のIH炊飯器で、そんなこだわりのない白ごはんを食べていても全く不満に思わずおいしく食べていた私ですから。

となると、あとは見た目(デザイン)と手入れがポイントか。
ここで東芝が不利に。洗うパーツが多いんですよ。デザインはかっこいいんだけどな。

あとは、炊飯器大手の象印、タイガーを試してみたい気持ち。

さんざん悩みましたが、最終的に「象印」に決定しました!!
決め手はデザインです。
タイガーは当初本命だったのですが、実際に見てみると、本体のツヤツヤがちょっと安っぽく見えたというか。
象印のマットな黒が、落ち着いててかっこよかったのです。
手入れパーツが少ない(2点のみ!)も心惹かれる点でした。

色が黒しかないのが唯一の懸念点。
わりと白っぽいものが多いうちのキッチンに「黒い炊飯器」を置くとどうなの? という気になる点もありますが、そこは別途解決策を考えることになりました。

早速オーダー。ためていたポイントを大放出しました。
到着がたのしみです!!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。