【自炊】夏野菜キーマカレー風? どっさり野菜がおいしい

こんにちは、つたちこです。
最近スーパーで夏野菜が目立ってきました。

今回は安くなってたナスとピーマンとズッキーニを買ってきて、カレーを作ります。

以前作った「きのう何食べた?」16巻に出てくる「ケンジのドライカレー」がベースなんですが、その後何度も作るうちに魔改造の結果、「ドライまで行かないけど水分は少な目で作るカレー」がマイブームです。

肉を切らなくていい、煮込み時間が少なくていい、保存もコンパクト、と自分的にいいことだらけです。

<スポンサーリンク>

野菜はだいたいなんでもイケますが、今回は、野菜はナス・ピーマン・ズッキーニと冷蔵庫にあったショウガを大き目のひとかけ。

肉は合いびき肉を300gくらい。
カレールーは、プライムジャワカレー中辛(カロリーオフタイプ)を1袋(2皿分)。カロリーオフだし顆粒で使いやすいです。

これで4皿分くらいを作ります。

野菜は、ナスとズッキーニは幅1cmのいちょう切りにします。ピーマンは荒いみじん切り。ショウガもみじん切り。
26cmのフライパンでショウガを少しの油で炒めてから、ひき肉を炒めてカレー粉を大匙2杯くらい入れます。
肉から油が出たらナスとズッキーニを炒めます。

<スポンサーリンク>

野菜に油が回ったら水を150ccくらい投入。
トマトペーストがあったので大匙1くらいいれて、10分ほど煮ます。

その後ピーマンとカレールーを入れ、追加の味付けはケチャップ、ソース、しょうゆ、味噌を少しずつ。
味を見たら辛みが物足りなかったので、カレー粉を大匙1/2くらい追加。
更に10分ほど煮たら、完成です。

写真:夏野菜カレー
カレーはもち麦と白ごはんミックスで食べます。岩下の新ショウガつき。

ナスはとろとろ、ズッキーニもくたくた、ピーマンがちょっと食感がのこるくらいでした。
ズッキーニはもう少し後から(ピーマンと同時くらい)煮たらよかったかも。
ナスが甘くておいしかった。

写真:夏野菜カレー
もち麦のぷちぷちしたのがおいしいんですよ。

ごちそうさまでした。
市販のカレールーで一定の味を確保しつつ、足りない分を追加する作戦。
あんまり手をかけずにおいしくなるの、最高ですね。

残った分は、タッパーに入れて冷凍庫へ。
これで次の「1回分のランチ」が楽ちんです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。