【自炊】パセリ三昧の2日間

こんにちは、つたちこです。
スーパーで、パセリの大盛りが99円で売っていました。
あまりにたっぷりだったので、つい、かごに入れてしまった。

調べてみたら、パセリの旬は3月~5月、9月~11月なんだそうです。
(年中出回っていますが)

参考:パセリ/オランダゼリ:旬の野菜百科

 

頭にあったのは、以前作ったことのある、パセリのサンドイッチ。
あれ、おいしかったな。

というわけで、お昼に、パセリのホットサンドとチーズ入り卵サンドを作りました。
8枚切りのパンで作ってます。
パセリ、パンに目いっぱい挟んでも、全然減りません。

写真:パセリとハムのホットサンド

久しぶりに作って食べましたが、やっぱりこのサンドイッチ、おいしい!
ハムの塩味とマーマレードの甘さとパセリの香りの不思議な一体感。

シャキシャキのパセリがこんなにおいしいのは、このサンドイッチで知りました。

<スポンサーリンク>

ちなみに、昨日と今日のランチは、好評につき&材料があったので、まるきり同じメニューでした。
2日連続サンドイッチランチ。

 

パセリ、少し冷凍もしたのですが、せっかくなのでフレッシュなパセリで料理しよう。

夜は、ひき肉を炒めたものに、たっぷり入れてみました。

写真:パセリとひき肉の炒め物(レタス巻き)

黒々と見えてますが、これが炒めたパセリです。
パセリを、見た目でひき肉の倍量くらい入れましたが、炒めるとちょうどいいバランスでした。
味付けは、塩コショウ、ケチャップとソースを少々。

これをレタスで巻いて食べました。

ひき肉を炒めたレタス巻きはたまにやるのですが、全然印象が違う。
たっぷり入ったパセリの香りが、なんとも不思議な味わいでした。
エスニック風でもないし、洋風ともちょっと違う感じ。
でもおいしい。
適当に作ってみたのですが、新たな発見です。

 

さらに翌日は、シンプルなポテトサラダに、パセリを入れてみました。
ジャガイモをゆでてこふき芋にして火からおろし、そのまま鍋にみじん切りの生パセリをどっさり入れます。
芋をつぶしながら、パセリと和えます。
ゆでたてのジャガイモの熱で、パセリに軽く火が通ります。

こちらの味付けは酢、塩コショウ、マヨネーズ。
マッシュポテトっぽく滑らかにしたかったので、バターと豆乳も少し入れました。

写真:パセリ入りポテトサラダ

こちらも大量のパセリを入れたのですが、口当たりがもそもそすることもなく、さわやかでおいしいポテトサラダになりました。
「軽く火を通す」のがパセリをモリモリ食べるときのポイントかも。

<スポンサーリンク>

ハムは、混ぜようと思ったのをうっかり失念。皿に盛ってから気が付きました。
もう切って用意していたので、上にトッピング。雑だ。笑

味が物足りなければ、中濃ソースをたらしてもおいしかったです。

 

というわけで、大盛りパセリを2日でほぼ食べきりました。
(一部は冷凍しましたが!)

大量のパセリを連続で食べたからか、自分の胃からパセリのにおいがするんですよ。さわやかだ。
口臭予防にいいかも?
食べているとき以上に、パセリ効果が長持ちしているみたいです。

 

普段それほど買わないのですが、思い切ってどっさり取り入れてみてよかったです。

ちなみに、パセリは栄養価も高いそうです。
ビタミンCとか、βカロテンとか。

パセリといえば「皿の彩り」でしょ、という感じで以前は全く興味なかったんですが、これからはメイン野菜として成り立たせるメニューもよいかもです。
また安かったら買います!

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。