秋恒例。りんご煮2種つくりました

こんにちは、つたちこです。
秋のスーパーには、いろんなりんごが並んでます。
昨日売り場を回ったら、真っ赤な紅玉が売ってました。紅玉もシーズンインだ。

これは煮たりんごをつくるべし、と4個入りを買って帰りましたた

今回の煮りんごレシピ

今回は、みんなのきょうの料理から、大原千鶴さんの「りんご」。

りんご2個でつくるので、全体に材料は2/3で作りました。

それからいつも恒例の「きのう何食べた?」4巻掲載の「りんごキャラメル煮」を作ります。

これはもう毎年作ってますね。

2種同時に作ります

<スポンサーリンク>

小ぶりの紅玉を使います。
今回はりんご2個ずつで、2種。

りんご煮は皮剥いて8等分、キャラメル煮は皮つきで16等分にしました。

途中でりんごのかけらを生のまま食べてみたんですが、酸っぱいながらも甘さももちろんあって、さっぱりしておいしい。
実は紅玉をそのまま食べるのもよいのかも(加工用と考えてました)。

りんご煮は、砂糖をまぶして皮と一緒に30分放置。

写真:りんご煮をつくります

放置している間にキャラメル煮を作ります。
こちらは皮つきで準備も早い。
白砂糖をフライパンに入れたら、中火にかけてとけて焦げるのを待ちます。
こんがりと匂って来たら、皮つきりんごを一気に入れてざざっと混ぜたら蓋をしてしばし。
たまに様子を見てざっくり混ぜながら、10分ほど煮ました。

写真:りんごキャラメル煮を作ります
皮がはがれてきてしまった。

結構りんごが早めにくったりしてきたので、蓋を取って水分飛ばして完成です。
キャラメル煮は待ち時間がほとんどないし、手間もかからないし、この手軽さ、好き。

出来上がるころに、煮りんごの鍋を中火で煮始めます。
こちらも煮始めたら早い。

沸騰したら火を少し弱めて、5分ほどで様子見。
全体を混ぜながら、もう2分ほど煮て、完成です。

できました!

<スポンサーリンク>

りんご煮2種、できました。
こちらがキャラメル煮。

写真:りんごキャラメル煮の完成

こっちがりんご煮。
色むらがあるなーと思いましたが、ピンクの煮汁につけて置いたらよさそうなので、瓶のほうはたっぷり煮汁を入れました。きれい。

写真:りんご煮の完成

容器を2つに分けたのは、各1つは冷凍保存しちゃうからです。
冷凍すればのんびり食べても大丈夫。

材料は、どちらもりんごと砂糖のみなんだけど、全然毛色の違う煮ものができました。
前作った白ワインのコンポートもおいしかったけど、材料少なくていいのはうれしい。
同じ保存食系でも、マーマレードと比べると、ものすごくラクだ。
でも達成感があるのが、保存食づくりのいいところ。

さっそく今日のおやつは、りんご煮を食べてみました。
色むらがありますが、キレイなピンクに染まってます。うつくしい。
甘さはそんなに強すぎず、みずみずしさと少しシャキッとした感じも残ってて、おいしい。
砂糖の量が少な目なのもよいですね。

写真:りんご煮は今日のおやつに食べました

シンプルな味なので、食べるときにシナモンを振るとよいかも。
あとレモン汁を少しかけると変化があってよいかもな。

明日の朝は、トーストにキャラメル煮をのせるのを楽しみにしています。
こういう日々の小さい喜びでご機嫌キープなのでありました。


ほぼ毎年のりんご煮シリーズです

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。