【糸島ごはん】「レストラン加里部」で念願の釜めしを食べる

こんにちは、つたちこです。
糸島市の中でも東側に住む我が家、外食で困った時にはここ! というお店があります。
それが「レストラン加里部」
福岡県西区にあるお店ですが、個人経営のファミレス、といった感のナイスなお店です。
なんというか、絶対外さない安心感、みたいなものを感じます。

メニューは、基本洋食(ハンバーグ、ステーキ等)が多いのですが、特色といえるのが「釜めし」があるところ。
これまで何度も行っているのですが、時間がかかりそうかな……と頼み損ねていました。

この日は特に時間の制約がなく、空腹もピークには至っていなかった。
「頼むなら今では……?」
と、釜めしとエビフライのセットをお願いすることにしました。
(ほかに肉料理とのセットなどもあります)

釜めし、炊き上げるなら最低20~30分はかかるよね……と覚悟の上でした。

<スポンサーリンク>

腰を落ち着けてのんびり待つか……と思っていたら、すぐに、でもないけど結構早めに出てきました。
釜めしだ。ずいぶん早い。

写真:福岡糸島 レストラン加里部 釜めしとエビフライセット

エビフライは、大きい、というより、細長いというべきか。
大ぶり3本のエビフライがのっています。

そしてわかめのお吸い物と、漬物。
この和洋折衷、たまらんですね。

いただきます。
釜めしはよく混ぜて召し上がれ、とのことで、ついてきたしゃもじで底から混ぜます。
あれ、ちゃんとお焦げがあるな。

写真:福岡糸島 レストラン加里部 釜めし
加里部の五目釜めしをようやく食べる日が来た

つまり、ごはんは炊いてあるものを釜に入れて具をのせ、最後の仕上げだけ火にかけているのかもしれません。
たしかにいちいち炊き上げていたのでは、忙しいときに回らないですね。
なるほど。早いわけだ。

<スポンサーリンク>

それほど味が濃くなくて、優しい味。かにかまが、いい感じ。
食べやすい五目釜めしでした。

そしてエビフライ。細長いけど、しっかり身が詰まっています。
さくさく、ぷりぷりでおいしい。
しっぽが小さいのに、この身の長さはどうなっているんだろう。不思議。
ちなみに、ハンバーグやステーキなど、何を頼んでも「エビフライトッピング」をすることが可能。人気商品なのかも。
(当然、エビフライセットにエビフライを追加も可能です)

写真:福岡糸島 レストラン加里部 釜めしとエビフライセットのエビフライは3本入り

ドレッシング5種がテーブルに出てくるのもいつも通り。
添えてあるサラダを、何度も味変しながら食べられるの、嬉しい。

ごちそうさまでした。
釜めし、かなりボリューミーでした。
みっしりごはんに、揚げ物だもの、そりゃそうか。
でもようやく念願の釜めしが食べられてうれしい。
そんなに時間がかからないことも分かったので、今後のハードルがさがりました。

Restaurant加里部(かりぶ)
福岡市西区周船寺2丁目13-47
レストラン加里部Instagram

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。