【糸島ランチ】「Restaurant加里部(かりぶ)」ハンバーグ&ステーキセット。いつ来ても安心のおいしさの洋食屋さん

こんにちは、つたちこです。
何度も行っているのに、ふりかえると一度も書いていないお店がありました。
それが「Restaurant加里部(かりぶ)」
なんだか懐かしい印象のおいしい洋食屋さんです。年末にも行ってました。

 

「加里部」は、JR筑肥線周船寺駅から唐津街道沿いを進み、今宿方面にしばし行ったところにあります。
タイトルに「糸島ランチ」と書きましたが、正確には「福岡市西区」です。まあ、糸島半島エリアってことで。

駐車場はお店の奥に広々としたところがあり、10台以上は止められそう。

お店の建物は、白い壁にオレンジの屋根。なんとなくレトロな外観です。
ドアを開けると、店内は結構広々。
テーブル席がいくつもあり、一人でも安心のカウンター席もある。
「お好きな席へどうぞ!」と案内されます。

木製のパーティション、磨かれたカウンター。ガラスのランプ。
アンティークというか、昭和感というか、なつかしい印象の「個人経営のファミレス」という雰囲気。
(何度も来てるので写真を撮っていないのだった……)

 

この日はランチできました。
昼も夜も、何度か来ているんですが、基本は洋食全般。だけど、釜めしが名物みたいなんですよね。実はまだ食べたことがない。
いつも肉料理を頼んでしまうのだった。

<スポンサーリンク>

結構本格的なステーキもあるのですが、ランチなので、ハンバーグとさいころステーキのセット(950円)にします。

 

初めて加里部に来たのは、たぶん引っ越してすぐのころ。
レトロな外観にひかれて入ったら、料理がおいしくてびっくりした思い出。
それ以来、ぽつぽつと何度も来ています。
広いので混雑することもあまりなくて、気軽に寄れるありがたいお店です。

 

オーダーしてすぐに、セットのサラダとスープが来ました。

写真:福岡市西区 加里部 ランチセットのサラダとスープ

サラダは千切りキャベツベースのサラダ。
このお店の素敵なポイントは、ドレッシングが5種類があって、それを全部出してくれるのです。
おかげで、「今日はこれ一択」とか「少な目にかけて途中で味を変更」とか「混ぜてオリジナルドレッシングに!」などが可能です。
どれも手作りっぽい。
私はカレー味のドレッシングが好きです。

写真:福岡市西区 加里部 サラダと5種のドレッシング

スープは、和風だしのおすましのようなスープ。
しみじみ空腹の胃にしみます。おいしい。

 

食べながら待っていると、メインがやってきました。
アツアツの鉄板に乗った、大きなハンバーグ!
そしてさいころステーキ。

ごはんももちろんついてきます。

<スポンサーリンク>

写真:福岡市西区 加里部 ハンバーグとコロコロステーキのセット

ナイフフォークでもいいんですが、お箸がカトラリーにセットされているので、お箸で食べます。
ハンバーグはデミグラスソースとしょうゆおろしソースから選べました。今回はデミソースをセレクト。

やっぱりハンバーグ、おいしいです!
厚みのあるハンバーグに箸を入れると、じゅわっと広がる肉汁。食感はしっかり肉肉しい。
そしてデミソースもおいしい。
ごはんとの相性も抜群です。ごはんパクパク食べてしまう。

今回、つい「セット」に目がくらんでさいころステーキセットにしましたが、さいころステーキはやわらかいのだけど、ちょっと成型肉ぽさがあって、正直いまいちだったかな。
ハンバーグ単品にしたらよかったかも。
(前食べたステーキはちゃんとおいしいステーキだったので、ランチのお得セットゆえかも)

 

ごちそうさまでした。
加里部は、エビフライとかが追加トッピングできたり、食後のデザートプリンやコーヒーも100円で追加できたりと良心的なお値段なのもうれしい。

一度は名物の釜めしも食べてみたい。
とおもいつつ、時間かかるかな? とか目の前の肉の写真に目がくらんで頼めてません。次回こそ……。

平日の遅めのランチだったにもかかわらず、次から次へとお客さんが入れ替わるところがお店の人気を裏付けていました。
地元密着型おいしいお店、最高ですね。
ハンバーグやステーキもお弁当でテイクアウトできるので、自宅で食べたい場合も安心です。

 

Restaurant加里部(かりぶ)
福岡市西区周船寺2丁目13-47
加里部公式Instagram

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ