ユースキン 新ポンプタイプのつけかえ。果たして全部使い切れてるのか!?

こんにちは、つたちこです。
昨年11月に買い替えたユースキンのポンプタイプ(新型)からクリームが出なくなりました。

約2か月半。
新タイプは、旧ポンプタイプ容量の2/3なのでつけかえタイミングも早いですね。

こんなことだろうと、ポンプタイプ(新型)を買ったときにつけかえ用パウチも一緒に用意しておいたのでした。

写真:ユースキン ポンプタイプを取り替える

新タイプは、本当に改善されているのか?

今回のつけかえ時のチェックポイントは「どれだけクリームが使い切れているか」です。

旧ポンプタイプの場合、どんなに頑張って使っても、つけかえ後の内容器にクリームがかなり残っていました。
そのまま捨てるには忍びなく、仕方なくしばらくはその「使い残し」を使う日々が続くのでした。

ぐにゃぐにゃした内容器に指を限界まで突っ込んで使う。
あるいは、取りやすいようにカッターで切断するとちゃんと封ができない状態になってしまう。
どちらにしても、ストレス。

旧・ユースキンA ポンプタイプ唯一の残念ポイントでした。

 

ユースキンのリニューアルサイトには、新ポンプタイプの特徴として
「クリームがほぼ使い切れるようになりました」
と書いてあります。
参考:ユースキン リニューアル特設サイト|ユースキン製薬株式会社

それが本当なら、ものすごくうれしい。
けど本当かな?

 

容量を減らしてリニューアルまでした新ポンプタイプの実力を見せてくれ!
という気持ちで、使い切るタイミングまで期待と不安が入り混じっていました。

新ユースキン ポンプタイプの使い切り度をじっくり確認する

まずは外容器を開けます。

写真:ユースキン 新ポンプタイプを開けたところ

アルミパウチはぺったんこです。これはかなり期待できる。
触ると、中央になにか平らな形のものがあります。
これがポンプにつながっているのかな?

写真:ユースキン 新ポンプタイプを開けたところ

 

がっちり閉まっているポンプと外ふたを外します。

取り出すと、こういう構造でした。
ポンプ自体はまっすぐで、板状のものはパウチ側にありました。

<スポンサーリンク>

写真:ユースキン ポンプを外したところ

 

旧タイプはポンプが直接クリームに刺さっていましたが、新タイプはパウチ側にあるパイプ状通路に、ポンプの取り込み口を突っ込む二重構造です。
先の取り入れ口だけがクリームに接するので、ポンプの管部分にべったりクリームが付きません。

取り替えるときに「べたべたするポンプの置き場に困る」ことがないのも、嬉しい改良!

 

いざ、残量確認。
パウチをはさみで半分に切ってみます。
貼りついたパウチを無理やり広げます。

写真:ユースキン ポンプタイプの使い切ったパウチの中身

ほとんど残ってない!
これはすごい!

旧タイプの時を思い出すと、感動的に使い切れています。

 

パウチ内に残ったクリームを指で拭ってみましたが、普段手に塗るくらいのボリュームしかありませんでした。

旧タイプの時は「使い残しを、お風呂上り全身に数日使っていた」ことを考えると、劇的に残量が少ない
これは本当にすごい改善です。

 

ポンプとの接続部分は、こんな構造になっていたんですね。
パウチ内に板状のものがあることで、うまく吸い込めるとかいろいろ工夫があるに違いない。

 

感心したところで、新パウチにつけかえます。

写真:ユースキン ポンプタイプ つけかえパウチ

開封。
空洞からはクリームは見えません。

写真:ユースキン ポンプタイプ つけかえパウチの封を開けたところ

ボトルの外ふたをかぶせ、ポンプで封をします。
使うほどに真空状態を作るために、ぎゅっとしっかりふたをします。

写真:ユースキン ポンプタイプ つけかえパウチにポンプを装着

これを外容器に入れれば完成。
ポンプがべたついていないので、取り換えるのも簡単でした。

写真:ユースキン ポンプタイプ つけかえ完了

ユースキン ポンプタイプのリニューアルは素晴らしい改善だった!

リニューアルしたユースキン ポンプタイプのつけかえ、私のぐっと来たポイントをまとめます。

  • クリーム残量が劇的に少なくなった!
  • ポンプ側にクリームがほとんどつかないので、つけかえ時の置き場に困らない!
  • パウチ側に差し込むのも導入パイプがあるのでスムーズ!

<スポンサーリンク>

 

私が今回のリニューアルで一番よかったのは、スリムな形への変更でもなくクリームの出る量の変更でもなく、この「使い切れる」点です。

リニューアルで多少は改善されたろうけど、どうせ結構残るんでしょ?
きっと容量減らす目的が先立っているのでは?
……みたいな気持ちがあったのですが、ここまでしっかり使い切れるとは! すごい!

うたがっててすみませんでした!

 

1点、実は……の話をすると、今回のつけかえ前に、2度外容器を開けています。

旧タイプのとき、
「ポンプから出なくなっても、内容器の中のクリームを移動させるとまた出るようになる」
ことが多々あったので、新タイプでも同じことをしています。

1回目はパウチ上部にクリームが若干残っていたので、指でパウチの外から押して、ポンプのそばに寄せることで、ポンプから出せる状態にしました。

2回目は、パウチも本当にぺったんこで、「これはほとんど残ってないな……」という状態でした。
これで、交換に至っています。

 

新タイプでも手動でクリームの場所移動させたので、正確には何もせずに使い切れたわけではないです。

でもそれは旧タイプでもさんざんやっていました。
それでも旧タイプでは取り残しクリームがいっぱいあったことを考えると、新タイプの使い切り力はほんとにすごい。

 

ここまでしっかりと改善されるには、本当に抜本的な見直しをしたんでしょう。
あのポンプのクリーム取り入れ口の形も、様々な工夫がこらされた結果なんだろうなあと、感動しています。

ユースキンの中の人、えらい!
これからも毎日愛用し続けます!

 

長らくユースキン超愛用者の私です。

ユースキンがリニューアル!ポンプタイプが小さくなってしまった…
こんにちは、つたちこです。 長年愛用しているユースキンAが、リニューアルしていました。 名前も「ユースキン」に変更(「A」がなくなった)...
【ユースキンA】 ポンプタイプがもうなくなった??そんな時の対処法
「ユースキンA」をポンプタイプで購入して早や3か月。 使っているのが春~夏だったこともあって、普段の使用量は冬に比べると少な目です。 ...
【ユースキンA】ポンプタイプを詰め替えた!ポイントは1つだけ!
ユースキンAのポンプタイプ、出が悪くなってきました…。 実はすでに1回取り換えているので、今度で2回目のポンプ入れ替え実行です。 ...
顔から体まで!「ユースキンA」は実に優秀な全身保湿アイテム。手抜きOK!
まったく自慢ではありませんが、私の美容に関する関心度の低さはかなりのものです。 いわゆるメイクアップに関して言うと、眉を書いて整え...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ