「限界突破マラソン練習帳」7週目、暗黒期継続中。この疲れ、この先どうなる?

こんにちは、つたちこです。
「限界突破マラソン練習帳」によるサブ4を目指す練習、10週のうち7週目が終わりました。
先週に続き、暗黒期継続中であります。

7週目の練習内容

7週目の練習内容はこちら。

  • ジョグ60分
  • 15kmビルドアップ走
  • ジョグ30分
  • 峠走25km
  • セット練習ジョグ10分+スピード走1km(キロ4’55″)

オフは2日です。

暗黒期らしく(?)、一個ずつダメな部分を振り返ります。

ジョグ60分

通常なら全然問題ないジョグ60分。

ですがこの日は、前週の150分走(途中挫折)、セット練習に続いての3日めの練習。

足が全然動かない!

スピードを出しているわけではなく、自分に楽なスピードで走っているはずですが、なぜこんなに動けないのか。
自分でも不思議だしくやしいし苦しいし。
普段なら「割と楽な練習の日」のはずなのに、本当にきつかった。

この辺でも疲労が溜まっているのがわかります。

15kmビルドアップ走

1日オフをはさんで、またしても15kmビルドアップ走。
今回は、スタートからのスピードが5kmあたり30秒早くなり、最後の5kmは前週と同じスピード、という内容でした。

が。

最初の2kmくらいの時点で、既に苦しい。
右の脇腹が差し込むように痛い。
ここ何回か、右の脇腹が痛くなることが多いのですが、この日も早々に痛くなりました。

しばらくがまんして走っていれば治る……と信じて頑張るのですが、呼吸が浅く、荒くなり、しょっぱなからかなり苦しい。

それでもなんとか頑張っていたのですが、後半に行くほど体が動かなくなってきます。
設定スピードを守れない距離が伸びてきます。

そして最後5km。
前週は走れたスピードなのに、全然走れません。

あまりに苦しくて体が動かなくて、途中とうとう歩いてしまう始末。
なんとか15kmまでは行きましたが、タイムは大幅オーバー。

ジョグ30分

これも「今日は30分ジョグだから、よかった」と思ってスタートしたものの、じわじわときつい。
全然スピードも上がらないし、体が重い。

なんとか、という感じでクリア。

たった30分がまともに走れないなんて……。
結構ショックです。
もう慢性的に疲れがたまっているのかも……と、またしても気持ちが暗くなります。
ザ・暗黒期。

峠走25km

「練習帳」では、本来、峠走は2度めなんですが、前回はハーフマラソンに出ることで代用していました。
なので、今回が初の峠走。

峠走は、①推進力、②心肺機能、③素早い動き、④着地筋の4つの力を、登りと下りの走り方の違いで2つずつ鍛える練習です。

結果から言うと、合計16kmで挫折しました。
またしても……!!!

 

著者岩本さんのもともとの設定だと、「片道13kmの峠道を往復」なのですが、なかなかいい道(アクセス、距離、安全性など)が見つからず。

最終的に、糸島市南部の山に向かう道で、片道登りっぱなしの約6km、往復12kmを2往復する計画を立てました。
これだと計24kmなので、+1kmは最後に調整する想定です。

 

実はこの練習の前、2日連続でオフにしていました。
1日は予定通りのオフ、2日目は雪まじりの雨だったため、峠走を延期したのです。

結果丸二日休みを入れたことになり、かなり体が回復したのでは、と期待していたのですが……。

 

1往復目の登りの途中で、すでに足がきつくなり、3kmくらい登ったところで、もう歩きが入ってしまいました。
100mくらい歩いて心拍を落ち着かせては、また走り、しばらく走って苦しくなるとまた歩き、また走り……とだましだまし登る感じ。

なんとか6km登ってUターンしたのですが、この段階で更にもう1往復できる気が全然しない。

でも1往復(12km)じゃさすがに短すぎる……。
というわけで、ここから2.5kmくだり、また2.5km登り、あとは体力次第でどこまでやるか(もう1往復短く上り下りするか、下って終わるか)を検討することに。

 

登りもきついけど、下りもまた脚にきます。
最初の下りは、下り方が下手なせいか、妙に呼吸が苦しくて肺が痛くて途中で足を止めてしまうほど。

徐々に下りの走り方のコツがわかると、多少楽に走れるようになりましたが、前腿への負担がすごい。
あと、転んでしまいそうな恐怖感もちょっとあります。
これを克服して前のめりで走らないといけないのですが……。

 

で、途中でまた登りに転じ、もう一度先ほどの折り返し点を目指します。

なんとかたどり着いたものの、もう無理! 足が限界!
そこから出発点まで一気に下り、M字型に1.5往復して終了しました。

最後の下りは、結構軽快に下れた気がします。
ちょっと走り方のコツをつかみました。

 

というわけで、合計16km。
時間は、途中足を止めたところも含めて約2時間かかりました。
あと10kmこれを続けるとか、無理だー!!!

 

峠走は、景色がいろいろ変わるし、カーブも多いので、変化があって面白い。
面白いけど、やっぱりめちゃくちゃキツイ。
予想はしていましたが、予想以上でした。

走り終わった直後から足が痛くなりましたが、翌日もかなり筋肉痛がひどい。
膝の上が横に裂けるような痛みがあります。
フルマラソン後と同じ、とまではいきませんが、30kmくらい走った気分です……。

セット練習ジョグ10分+スピード走1km

峠走の翌日は、そのかなりキツイ筋肉痛が残った状態で、セット練習。
距離と時間は短いですが、早いスピードでの練習です。

「こんな足の状態で絶対走れない! 今日も達成は無理だ!」
と思いながら練習に行ったのですが、やってみると意外とできました。

後半のスピード練習より、走り始めのジョグ10分のほうがつらかったです。

 

ちゃんと25kmの峠走をできていたら、もっとひどい状態でやることになったんだろうな。
ただ、この厳しい連続も、疲労による「超回復」効果を狙ってのこと。

まず「もっとひどい状態」にしないといけなかった、それができてなかったという反省で、1週間終了です。

私の暗黒期はいつまで続くのか?

というわけで、15kmビルドアップ走、25km峠走ともに、練習ノルマ達成できず、という結果になりました。
くやしいい。

6週目から「暗黒期」とかってに名付けており、厳しい練習メニューのノルマが達成できていない回があるのですが、今週はほんとにひどい。

でも「達成できなくても次の週は新たなノルマにチャレンジ」というのがこの本の教えなので、8週目はさらに強度の強い練習に向かいます……。
ビルドアップ走、怖い……。

 

しかし、未だにサブ4達成できる気が全然しません。
こんなにくるしいのに。
これで自己記録さえ更新できなかったら、ほんとになんのためにやったんだ! となりそうです。

そしてどうにも体の疲れがひどいので、レース前の最終週(10週)は、自己判断でオフ日を増やすかもしれません……。

とはいえ、のこりあと3週!
がんばれわたし!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ