花のある生活【福岡編】クジャクアスターは安くてボリューミー。

こんにちは、つたちこです。
約1か月ぶりのお花を買ってきました。

 

前回のワレモコウ、結構長持ちしてよかったです。
枯れてきても、あまり目立たなかったというのもありますが……。
かなり長い間楽しめました。

 

そして今回、「久々に買うぞー」と行った、産直市場の伊都菜彩でしたが、時間が遅かったせいかあまり残っていません。
種類が少ない中で選んだのが、アスターかな? と思われる花。
売り名は「生花」となっていて、種類が書かれていなかったのですが、帰ってから調べたところ、たぶん「クジャクアスター」という種類。
260円なり。

紫とピンクのクジャクアスターを買いました。

いつもにもまして、とてもボリュームがあります。
クジャクアスターは、一枝にいくつもの小枝が分かれていて、その先に花が咲きます。

花の名前の由来はこちら。

和名は、ちょうどひと枝に野菊のような花が連なって咲き、孔雀が羽をひろげたような様子から「クジャクアスター(孔雀アスター)」

参考サイト
http://www.teych.com/10ghana-04.html

だそうです。

たしかに、根本を数えると5本くらいでしたが、めちゃくちゃ上部のボリュームが多いです。
そのまま生けようとしたら、花瓶に入りきらなそう。

というわけで、下のほうの小枝を切ったり、花が咲かなそうな小さい小枝を処理したり。

結果、大きめの花瓶2つと、バランスを整えるのに切った小枝が、小さい瓶に入りました。

大きめのその1。

大きめのその2。

大きいほうは、わっさー、という感じのボリューム感です。
でも、華やか! というよりは、ちょっと野原っぽい感じというか……。
ボリューム感の割に、部屋の中を圧迫しなくていい感じ。

そして、花束みたいなのもいいですが、小さくまとめたのもかわいいです。

仕事部屋にも、小さいのを置いてみた。

このお値段でいろんな場所で楽しめるのがとてもうれしい。

以前アスターを買いましたが、かわいいのにとても日持ちするのでうれしかったのを覚えてます。
この「クジャクアスター」もしばらく楽しめそうな予感。
期待です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ