花のある生活【福岡編】久々のお花は「吾亦紅」。渋いけどかわいいじゃないか

こんにちは、つたちこです。
久しぶりにお花を買ってきました。
前回が6月下旬だったので、2か月強ぶりです。
何しろ昼も夜もずっと暑くて、買ってもすぐに弱ってしまいそうで買えませんでした……。

9月に入り、そろそろ気温も下がりがちになってきて、エアコンを使わない日も出てきました。
これなら買っても大丈夫そう。

というわけで、生花を買いにいきました。

何を買うかなー、といつもの産直売り場「伊都菜彩」の花売り場をうろうろ。
小さなひまわりなどの夏っぽい花も残っていましたが、ケイトウなどの秋らしいのも出てきてます。

そんな中で「秋らしい」といえばこれでしょ! と選んだのは、吾亦紅(われもこう)。
オットには「地味だねえ」といわれましたが、渋いぶどう色みたいな、いい色で好きなのです。
まるい花もかわいい。
一束280円。
たっぷり入ってました。

 

ワレモコウは吾亦紅のほかに、吾木香、我毛紅、我毛香、我妹紅なんていう書き方もするらしいです。
根っこは漢方薬としても使われているそうです。

 

家に帰って切りそろえて花瓶に生けて。
活け方が下手なのはいつものことですが、久しぶりなので、なんだかうれしい。

結構ボリュームある吾亦紅。

写真にとると、地味さがますます際立ちますね。
花の素敵さが伝わらなくて難しい。

ライトがあたった壁の影がなんだかかわいらしいです。

壁に映る影がよいですね。

まだ暑い日もあるっぽいですが、まずは花瓶から秋らしく!
日持ちするといいなー。
また花のある生活、継続するぞ。

小枝で小さめにも活けてみた。このくらいのほうがよいかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ