【花のある生活】ミモザを飾るだけで春らしさ満開になってテンションがあがる

こんにちは、つたちこです。
久しぶりの花生活です。
実は地味に継続していたのですが、ネタにするほどのパワーがなく……。

今回は、産直市場「伊都菜彩」でミモザの入ったセットを買ってきました。
ミモザは本当にこの時期だけのお楽しみですね。
明るい黄色にぽわぽわっとした花の形が、「春だよー!」と全力で訴える感じ。

写真:ミモザの花

ミモザは空間が明るくなるなあ。

3月8日がミモザの日だったそうで、SNSでは黄色い花の写真をいくつか見かけました。
いいなあ。
ミモザかわいいですよね。
自分もミモザを飾りたくなったきっかけの一つでもあります。

<スポンサーリンク>

本当はミモザ100%の束が欲しかったのですが、売っていたのはミモザと雪柳と黄色い…レンギョウ?ではなさそうですが、枝もの3種の組み合わせでした(380円)。

 

しかし枝ものは生けるのが、いつもより一層難しいです。
もっと短くすればよかったのか……。

ミモザは、ゆったりと前傾になってしまう(そこがよさでもあるのですが)のを、ほかの枝とどう組み合わせればいいのか、悩ましかったです。
雪柳もかわいいけど、言うことをなかなか聞いてくれません。

<スポンサーリンク>

格闘の末がこんな感じになりました。

写真:ミモザ、雪柳の入った花瓶

長い枝もの、どこまで切れば以下悩ましい

ミモザのリースなんかもかわいいですよね。
たくさん売ってたらドライフラワーにしてもよいかな、と思ったのですが、今回はとりあえず普通に生けました。

ミモザは切り花が家にあるのもいいですが、木にモサモサっと花が咲いているのを見るのも好きです。
うちの近所には見かけないのですが……。

しばらくは、うちの中で春らしさ満開を楽しめそうです。
桜が咲く頃まで持つといいなあ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ