花のある生活【福岡編】シャクヤクはこの時期だけの花と教わりました(まんがで)

こんにちは、つたちこです。
しばらく間が空いてしまいましたが、地味に花を飾り続けている日々です。
先日またしても産直市場「伊都菜彩」に行ってきましたが、その時に花販売コーナーで大量ににぎわっていたのが「シャクヤク(芍薬)」です。

わ、芍薬だ! 芍薬が売ってる!
もう今日はこれで決まりだ。
なぜなら「プレゼントなら芍薬。芍薬はこの時期にしか買えないからね」って言ってたから!

誰が言っていたかといえば、西村しのぶの漫画(短編集)の中の人でした。
ああ、たぶん今読んだら、めちゃくちゃバブリーな感じな恋愛まんがだと思います。おしゃれでカッコイイ美女ばっかり出てきて、姿勢の良さにあこがれた思い出(最近のご活躍は全然知りません……)。
大事なことはみんな漫画が教えてくれたのです(基本オタクなので)。

 

というわけで芍薬を買ってまいりました。
3本で400円と、いつもに比べるとちょっと高い。

買いたての時は、かなりかたいつぼみで、ちゃんと咲くか不安でしたが、その日の夜、そして翌日と、時間を追うごとにどんどんつぼみが膨らみ、花びらがほころんできます。

糸島花生活 芍薬

買った翌日。時間ごとに開いていく感じ。

糸島花生活 芍薬

さらに翌日くらいにはこのくらい。

3日目には、大きな花が8分咲きといった感じになりました。

糸島花生活 芍薬

いい感じの咲き加減です。

やさしい淡いピンクの、幾重にも重なる花びらは華やかで、とてもきれい。
鼻を近づけると柔らかい匂いが香ります。
大きな花だけど、色がやわらかいせいか、部屋に置いてあってもそれほど奇抜な感じはしません。

糸島花生活 芍薬

さらに時間が経つと、もっと開いてきた。

毎日花が開いていく様子を見るのも楽しい毎日です。
ここまで開いたら一気に咲いて枯れてしまうのかなー。
そのあたりも観察してみます。

 

西村しのぶ、久々に読み返したくなってきた。(シャクヤクの話はこのシリーズでなく短編集でした)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ