花のあるうるおい生活【福岡編】第3弾:ヒペリカム 赤い実の枝ものにチャレンジ

ヒペリカム
こんにちは、つたちこです。

「花のあるうるおい生活」シリーズ(?)ですが、前回のアスター、結局2週間くらい持ってくれました。
最後はよろよろしてましたが、この暑い時期によく長持ちしてくれてよかったです。

花のあるうるおい生活【福岡編】第2弾:アスター 小さくて可憐だけど、日持ちするいい子!
こんにちは、つたちこです。 「花のあるうるおい生活」ですが、無事第2弾を迎えました。 前回のダリアとトルコキキョウは、陽気がよか...

さて、また買いに行くぞ! と、今回は「志摩の四季」という産直市場に行ってみました。

夏になったせいか、お盆が近いせいか、菊の花が多くなってます。あとはユリとバラ。
ユリは夏らしいしきれいなんですが、匂いが強いので、部屋に飾るにはちょっと抵抗が……。

そんな中、気になる存在の赤い実のついた枝もの。
名前は書いてありませんが、見たことがあります。よくブーケとか作ってもらうと一緒に入ってたりするかわいい子です。
今回はこれにしてみましょう。
1本250円でした。

1本とはいえ、結構大きく、枝がいくつも分かれているので、下枝のほうをカットし、長さを調整。
今回は2つに分けて活けてみました。
ヒペリカムを活けました
さて、名前がわからないのが気になるので、Google先生に聞いてみると、わかりました。
「ヒペリカム」という名前なんだそうです。

よく見かけるけど、名前を初めて知りました。
黄色い花が咲いて、そのあとに、この赤い実がなるようです。
色鮮やかでつややかな実がかわいい。

毎日暑いので頻繁に水を変えつつ、長持ちしてくれるといいですねえ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ