初めて「雷怖い」と思った豪雨の夜


こんにちは、つたちこです。

九州、福岡糸島市に移住して初めての大ごとです。
九州北部地方に豪雨が降り、大災害が発生しました。

大雨特別警報福岡、大分で発令 九州で初

https://mainichi.jp/graphs/20170705/hpj/00m/040/004000g/1

主な被害地は九州北部地方、とありますが、「北部」とひとくちに言っても大きい。

<スポンサーリンク>

その日、東京の友人が日帰り出張で福岡に来ていたので、空港に会いに行っていたのです。
夕方会って、1時間半ほど話をして、友人の乗った飛行機は無事飛び立ち、私も問題なく(傘も使わず)家まで戻ってこられました。

家についた21時ごろ、ぱらぱらと雨が降り始め、ああ、家に戻った後でよかったな、と思っていたのです。

家ではオットさんがテレビを見ていて、ニュースの映像で大変なシーンばかりが流れていて、びっくり。
「これまでに経験したことのないような大雨となっています。重大な危険が差し迫った異常事態です」と繰り返し報道していました。
(心配してメールや電話をくれたみなさん、ありがとうございます!!)
映像は、同じ県内とはいえ、別世界のようでした。

ところが23時ごろくらいから、雨がひどくなってきて、さらに雷も激しくなりました。

この辺りは一戸建てのおうちが多く、夜になると真っ暗。
窓から見えるあかりは、ほかのマンションの廊下の明かりと少ない街灯くらいなのですが、「ガッ!!」と光ると周り一体の街の様子が浮かび上がるくらいの雷の光量。

通常の雷なら「ああ、鳴ってるな、光ってるな」くらいの感じで、あまり「キャーッ! 雷! こわい!」みたいなことはないんですが、この夜の雷は光も音も激しく、近くで何度も鳴ったり光ったりするうちに、じわじわと怖くなってきました。

<スポンサーリンク>

もしかしたら、本当に停電とかするかもしれない……。

水や食料はあるものでなんとかなるだろうと考え、とりあえずスマホにフル充電しながら寝ることにしました。
(とはいえ、雷がすごすぎて寝付きにくかったし、夜中に何度も起きてしまいました)

朝起きたら、まだ雨でした。
でもだいぶ落ち着いてきて、家の近所の田んぼや水路も決壊することなく無事に夜を越せたようです。
よかった。
被害にあわれた地域の方は、ほんとにお気の毒です。
なにかフォローできるといいのですが……。

※ただし、まだ大雨警報は出っ放しなので、まだ警戒は必要そうです。

(追記)募金、始まってました

楽天クラッチ募金というのが、6日から開始していました。
少額ですが、せめて募金してみました。

https://corp.rakuten.co.jp/donation/kyushu201707_ja/kyushu201707_ja.html

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。