【購入編】目指せ!花のあるうるおい生活!お花を買ってきたよ

IMG_4818

さて。
お花を飾る受け入れ準備が整ったところで!
とっとと買いに行けよ、と思うのですが、今日荷物多いな、とか、どこの花やさんに行く?とか、ぐずぐずとしておりました。

そういえば、花屋さんは金曜に仕入れるから金曜にいけ、という話も聞いたことがあります。
が、金曜の花屋さんが開いている時間にはたぶんいけません。

なら土曜か、と思いつつ約2か月。
スーパーでの夕飯買い物の帰り、急に思い立って「今日でしょ!」と近所の花屋さんに向かったのでした。

お花屋さんにGO!だ!

土曜の夕方、近所で花屋さんに行ってみました。個人経営の小さな花屋さん。
店内はちょっと薄暗くて、若干入るのに勇気がいる感じ…。
ちょろっとお店をのぞいてみたら、中から「どうぞー」と声をかけられて、勇気をだして入ってみました。

お客さんはほかにいなくて、サシでゆっくり話せるかな。とちょっと安心。
お店のひとは、たぶん同世代くらいの男性。にこにこと「お花ですか?」と聞かれました。
「バラ(1本売り)でも大丈夫ですか?」と聞くと「もちろんですよー」と明るくいわれました。
いや、本当を言うとバラでも買えるのは知ってましたが、最初になんて聞けばいいかわからなかったのです…。

<スポンサーリンク>

で、ここは素人らしくプロに聞くべし!と思って、あまり慣れてないこと、飾ってみたいけどなにがいいかよくわからん、とか、つらつらと話をしました。
お店の方いわく、時期的に暑くなってくると枝もののほうが持ちがいいとのこと。
今日は3種類あって、ブルーベリーとスグリと名前を忘れたさわやかげなものがあること。
枝もの飾るなら重め、長めの花びんが必要なんだけどある?
といったような話をしてくれました。

もちろん花も勧めてくれました。
スプレータイプの小さめのバラとかもいいよー。とのこと。

スグリの実。かわいい。

スグリの実。かわいい。

枝ものの「スグリ」の葉っぱが、小さい頃近所に生えてたキイチゴの葉っぱに似てて気に入ったので、スグリ。
あとお花もデルフィニウムの青がとてもさわやかできれいだったので、それも1本。

きれいな青。

きれいな青。

お会計は2本で1080円。
予算1000円くらい、と思ってたので、まずまずです。

手入れのポイントは3つ。

初心者丸出しで行ったので、とても丁寧にお花の手入れも教えてくれました。
基本は3つ。

  • 水を毎日取り換えること
  • お水を取り換えるタイミングで切り戻すこと(少し下を短く切って水に新鮮な茎がふれるようにすること)
  • 切り戻したとき、枝や茎の水に浸かったところをこすり洗いしてぬめりを取ること

<スポンサーリンク>

特に今の時期、水も腐りやすいので、すぐぬめりが出るそうです。
枝ものは特にぬめりやすいらしい。
3つをちゃんとやれば、結構もつし、枝ものについてる実もちゃんと赤くなるそうです。
まじか!楽しみ!

あと、枝ものは霧吹きで葉っぱや実を湿らせたほうがいいとのこと。(花は腐るのでやらない)
これも水替えタイミングで毎日。
(明日100均行って霧吹き買わねば……。)

なんか当たりだった?素敵なお店

切り花をものすごくいろんな種類を置いているわけではないんですが、すごーく親切に教えてもらえたし、怖くないし(笑)、雰囲気もよかった。
勝手に怖がってすみません…。

あとね、使ってる花ばさみ、色違いで一緒だった…!
やっぱプロ御用達の品なんですね。ちょっとうれしい。

「お花を楽しんでねー」と送り出されました。
がんばって楽しんで、また買いに来ますよ…!と心に誓うのでした。

おしゃれな包み紙と思ったら、本物の英字新聞だった。

おしゃれな包み紙と思ったら、本物の英字新聞だった。

よし、帰って飾るよ!というわけで、<実践編>に続く

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ