夏大発生の「アレ」を撃退。もっと早く使えばよかった!

こんにちは、つたちこです。
思わせぶりなタイトルですみません……。
なにも煽っているわけではなく、自分が目にしたくないがために「アレ」と書きました。
が、これではなんだかわからないですよね。

アレとは、8本脚の、一部で益虫とも呼ばれることもある、クモ・くも・蜘蛛のことです。

ああ、書いてしまった。3度も。

すみません、私、アレが大の苦手なのです。
写真はもちろん、絵もだめ。できれば文字にしたくもないし声に出したくもない。
蜘蛛、とか、字もおどろおどろしくないですか、画数も多いし。

というわけで、以後、基本「アレ」で失礼します。

 

糸島で住み始めてから、東京時代に比べ、やっぱりアレの出現率は高まりました。
家の中で発見することもあります。
世間的にはそれほどサイズも大きくない、と言われると思うものであっても、私にとってはともに生活するのは困難です。

よって、たいていオットにより確保され、ベランダなどから外に出されます。
殺生は基本しません。

それはまあ、まだ頻度が低いから何とかなるのですが。

 

今年ものすごく多かったのが、窓の外に巣を張るアレの多さです。

我が家は集合住宅の一角に位置していますが、南と北側に窓があります。
この「北側の窓」が、もう本当に、「どうしてこんなに?」というくらい、アレの巣窟になってしまいました。

特に夏場は、もう本当に泣きたくなるほどの大小多くのアレが、いろんなところに巣をかけました。

本体を見るのも……ですが、巣も苦手です。
あれに引っかかってしまうとかが本当にいやで。

夏場は、勇気を出して北側の窓を掃除するたびに、
「申し訳ないですが、引っ越しをお願いします!」
と呟きつつ、割り箸をガムテープでつなげて長くした棒で、距離を保ちつつ巣を壊してました。

あと、「ミント水を嫌がる」という話を聞いて、ハッカ油を買い、ミント水を作ってスプレーで噴射しまくったりもしました。
たしかに本体に吹きかけると、嫌がって、一時的に退散します。

ついでに、巣をかけそうなところにも、濃度濃いめにしたミント水をかけまくりました。

割り箸をつなげたスティック、ハッカ油、ミストの細かいスプレーで頑張ってました。

ですが、一晩もすると、あっという間に出戻るんですよね、アレら。
がっくりです。
ミント水、全然効かないじゃないの。

もうこの追いかけっこ、本当にツライ。

 

そんなあるとき、ホームセンターに行ったときに見かけました。

クモの巣消滅ジェット」。

「消滅」って、すごい名前だ。
これはもしや、私が必要としているものではなかろうか……。

殺虫効果と忌避効果(約1か月)があるそうです。
殺虫はともかく、忌避してほしい。とても。

どれだけ効くか疑問でしたが、少しでもあのつらい空間から解放されるかもしれない……と買ってみることにしました。

 

商品名は「クモの巣消滅ジェット」となっていますが、これで既存の巣が消滅するわけではないのです。
まずは手動で排除する必要があります。

昼間は本体がどこかに不在になりがちなのをいいことに、留守中を見計らって、いつものようにかかった巣をこわしました。

そのあと、この「クモの巣ジェット」のスプレー材を、よく巣がかかる場所(すみっことか、角とか、隙間とか、窓の上とか)に噴射。
「ジェット」というだけあって、結構な勢いで薬剤が出ます。
遠くまで飛ぶので、すみっこも撒きやすい。

……という施策をうって翌日。

 

……巣がないんですよ!!

毎度毎度、がんばって壊しても翌日には出戻っていたアレらが、いません!!

まじか! 効果抜群じゃないの!!

 

その後、約1か月たちました。

毎日のようにチェックしていますが、みごとにほぼ、巣を張りませんでした。
(1回だけありましたが、噴射をあまりしていなかった場所でした)

すごい効果!!!
あんなに毎日おびえていたのに、こんな日が来るなんて……。

 

今日は、台風で汚れた北の窓を掃除しましたが、見事にアレらはいません。
快適に掃除できる。うれしい。

でも、もしかしたら、雨で薬剤も流れてしまったかも、と思って、またすみっこ&角などに追い噴射しておきました。

 

正直「益虫」なわけですから、アレが窓にいることで家の中に入るなにかを阻止していたのかもしれない……とも思いました。
でも日々窓を見るたびに憂鬱になるストレスからは見事に開放されました。

どっちをとるべきか、というと、私は後者をとってしまったのでありました。
「殺虫」効果のほうはあまり使ってないので、許してほしい……。

 

そこまでアレが嫌いでない人も、家にクモの巣張られて困ってる方は多いはず。
もう本当に劇的に効果があったので、お困りの場合は「クモの巣ジェット」がマジでおすすめです!

 

余談ですが、こういう殺虫剤パッケージって、必ず、その対戦相手のイラスト(リアルなやつ)を入れてありますよね。
ゴキブリや蚊、ハエなども同様に。

しかし、こういうのを買いたい人は、大体その相手が苦手な人が多いはず。

なので、こういう殺虫剤系のパッケージは、シュリンク包装にしてほしい。
表には広告や目を引くために撃退相手を大々的に描いてもいいから、パッケージを剥いたらシンプルな文字だけ、とかにしてほしい。

こんなパッケージを、本来なら家に置いておきたくないのですよ!
絵を見るのもましてや触るのも、いやな人もいるんですよ!!!
うわーん。

というわけで、私ははがせないパッケージの上に、マスキングテープ二重貼りして、目に入らない様にしています。
これで手に持つときも、あんまり嫌な気持ちにならずに済みます。

ばんそうこうのように上下に目隠ししています。これで安心!

アース製薬さん、シンプルパッケージ化をやってくれないだろうか……。
絶対そっちのほうが売れると思うんだけどな!!(切実)

ハッカ油は、一時的に目の前から退避させる効果はあります。
アレへの嫌がらせや退去勧告に。

ちゃんとしたスプレーボトルは、100均とは段違いの使い勝手の良さでした。
ミストがとても細かくて感動!
霧が細かいので、見えにくいクモの巣を発見するのにも役立ってます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ