「フリーランスは家を借りにくい」噂の真相。そして緊張の審査へ:糸島移住(14)

こんにちは、つたちこです。
前回の続きです。

 

不動産屋さんの担当Tさんのおかげで、スムーズに内見、そして住みたい部屋を見つけることができました。
ここから、契約までの少し長めの道のりが待っておりました。

「フリーランスは家を借りにくい」は真実か?

「フリーランス(自営業)は家を借りにくい」。
私たちもその噂はよく聞きます。

まあ、貸す側の立場から考えたら、定期収入がない人に貸す、というリスクになりますもんね。
わからんでもないです。

 

とはいえ、貸してもらわないと! 移住できません!

 

今回、不動産屋さんに行って、最初に自分たちの個人情報を伝えた段階で、オット(契約者)の職業が自営業であることは伝え済み。
実は、Tさんが内見先の管理不動産屋さんに確認してくれた段階で、職業を伝えたらNGだった物件もありました。

なので、うわさは、一部本当。

でも、そのほかの物件は、大体問題なく内見させてもらえました。
つまり「フリーランスだからだめ」というのは、ほぼない、とわかりました。
※もちろん地域差などもあるかもしれませんが……。

 

ちなみに、没にした作戦がありまして、それは私が契約者になり、「(ぎりぎり)会社員です!」という立場で契約すること。
まあ、有休中なので嘘はついてないけど、あと数週間もすれば無職……。
本契約時には退職済みなので、だまし討ちみたいなものですし、ばれてしまえば印象も悪くなるでしょうし、いい作戦とも思えません。

なので、素直に「フリーランス(自営業)でウェブ制作してます」と伝えていました。

 

「フリーランスで収入あるの?」と突っ込まれた時に、
「仕事あるよ! たくわえも多少あるから支払い滞らないよ! 何なら半年分くらい先払いしてもいいよ!」
……なんていって説得するのもありか、と既に入金のあったことのわかる通帳を持参して心の準備をしていました。
(結局通帳は一度も見せませんでしたよ)

 

今回申し込みをした物件も、フリーランス(自営業)であること自体は問題なさそうでした。

ただ、「家で仕事する」ということに関しては、結構確認がありました。

看板だしますか? とか、業者や社員の人の出入りがありますか? とか。

どちらも「NO」です、と強く伝え、「周りの人に迷惑かけることは一切ありません!!」と伝えてもらいました。
不特定多数が出入りするのも、集合住宅ではいやなものですものね。たしかに。

 

しかし不動産申し込みというのは、こんなにいろんな書類を書くものでしたっけ……というくらいいろんな書類に記入しました。あ、主に契約者のオットが、ですが。

あとは、やはり必要なのが保証人。
これはオットのオトウトにお願いしました(事前にお願いしておきました)。
彼は某有名製薬会社勤務……! 保証人の安心度としては抜群です。

事前に聞いていたオトウト情報を申し込み書に記入。
保証人の年収とか、職場の住所とか、役職とか……。
事前に確認していた情報もありましたが、部署名までは聞いていなかった。結構細かいこと聞かれるなあ……。
この辺はまあ、本契約時で問題なし、ということでした。

ただ、本人確認が必要なので、のちほど管理会社のほうから、オットとオトウトにそれぞれ電話連絡するとのこと。
そしてこの日はいったんこれで終了となりました。

あとは本人確認の連絡待ちと、申し込み結果を待つだけ!
日程2日目にして、フルスピードでひと段落です!
とりあえず、ほっとしました。

なかなか本人確認ができない…!?心臓に悪い日程後半

さて、残りの日々は、本人確認の連絡待ち、そして審査通過の連絡を待つこと。

仕事も多少持って行っていたので、借りていたAirbnbの部屋や、近くのカフェなどで仕事しました。
これがノマドってやつですか。
こういうことできるのねー、とちょっと実感。

大濠公園をぶらぶらしたり。ちょうど桜のちり際でした。

さらに、引っ越したらぜひ欲しい! と思っていた家具(テーブル)を天神に見に行ったり、中古車を見に行ったり、と新生活に向けての準備もしながら、連絡を待ちます。

……が、なかなか連絡がこない。
申し込んだ翌日は管理会社の定休日だったので、翌々日以降の連絡になる、とは聞いていましたが、それを過ぎても連絡がこない……。
何か問題があるんだろうか、やっぱり自営業はNGとか言われたりして……、と、どんどん不安が募ります。
でもどうにもできない。

一度だけ、Tさんに「その後連絡来ないんですが、まだですかね」と相談の電話をしたのですが「大丈夫だと思いますけどね。管理会社次第なので、こちらでもどうにもできなくて……すみません」とのこと。
Tさんが悪いわけじゃないんですが。
そうこうしているうちに、どんどん日程が過ぎていきます。

その翌日くらいに、ようやくオットに電話がかかってきました。
ちょうどお昼でも食べよう、と宿を出たところでした。

少々のやり取りがあって、こちらは無事クリア!
よかった。
こっちにかかってきた、ということは、次は保証人オトウト宛にも電話が行くはず!

 

……が、なかなかその次の連絡が来ません。
うーん、なぜ……。
オトウトにも、LINEで「この後たぶん連絡いくからよろしくね!」と伝えておいたのですが。

その後、理由がわかりました。
オトウトが、ちょうど韓国に出張中だったのです……。
海外まで電話がかかってきたそうですが、ちょうど会議に入るところだったので、「後でかけてほしい」と伝え、その後なかなかかかってこない、とのこと。

ああ、忙しい国際派ビジネスマン……!! でも韓国まで電話は追いかけるのね……。

やむをえません。もう我らにできることは、待つことだけなのです。

ハラハラしながら福岡での滞在後半を過ごしました。
明日にはもう東京に帰る……というころに、ようやくオトウトの本人確認が完了と連絡がありました!! よかった!!

ですが審査自体はまだ続くとのことで、結局OK出ないまま、東京に戻ることになりました。

あああ、ミッションコンプリート出来なかった……。

スタートダッシュはよかったのになあ……。
これで万一、審査NGだったら、また福岡に行く日程を取らねばならないのか……。

 

しょんぼりしつつ、東京に戻った翌日のことでした。

審査通過の連絡がきました!!!!
やったー!!!!

よかった、ほんとによかった。

これでようやく本契約に進めます。
あのおうちに住むことができるのです。

 

……ですが、まだそうそうスムーズにはいかない!!
いろいろやらかす、私なのでした。

 

(続きます)

続きはこちら

賃貸契約を結ぶ。自戒を込めて失態告白。急いでるのに自ら遠回りさせるあほはこちらです:糸島移住(15)

前の移住関連記事

いよいよ福岡で物件探し。お部屋探しは担当次第で快適なものに変わるのだ:糸島移住(13)

私の移住計画について最初から読む

移住のきっかけはオットのフリーランス希望から始まった:糸島移住

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ