福岡のソウルフード「うどん」にもピンからキリまである。とりあえず空港で食べちゃだめだ!

こんにちは、つたちこです。

わたし、福岡に何度か行くたびに、福岡のうどんが大好きになっております。
あの、ほわほわとしたやわらかいのどごし、すみきった金色の出汁、そこにしゃきっとしたごぼ天などがのっている、福岡のうどん。
とてもいい。
市ヶ谷にも博多うどんの店官兵衛があり、何度も通っておりました。

先日の福岡滞在でのこと。
うどんが食べたい、と思いつつなかなか行けなかったので、ある日のランチ、通りすがりにあった「うどん」と書いてあるファミレス的なお店に入ってみました。
「うどんレストラン うちだ屋」とあります。

うどんレストラン……。この響き自体、東京にはないものです。

<スポンサーリンク>

うどんレストラン うちだ屋。


あまり期待せずに入ったところ、まず入ったところにあるショーケースにやられました。
ずらっとサンプルが並んでる…!
でもなんか違和感。

ずらりと並んだショーケースになんだか違和感……


よくよく見ると、実際のごはんたちを原寸でプリントした写真が、器にのっているのです。
うどんとかだけじゃなくて、エビフライとか、カレーとかも同じです。
なにこのショーケース、新しい……!!!

よく見るとプリントが食器にのってる……!!


斬新な展示方法に心を打ちぬかれつつ、お店に入ります。
うどんが食べたいながらも、あまりおなかが空いてなかったので軽めに。
単品のごぼ天うどんにワカメをトッピングしてもらいました。たしか500円くらい。

ファミレスっぽいからあまり期待していなかったにもかかわらず、これが結構おいしい。
やっぱ出汁かな。こちらで一般的なあご出汁だと思うんですが、ほんとおいしい。やばい。
ごぼ天もサクサク感があって外さない感じだし、わかめもぷりぷりでおいしかった。

薄い色のごぼ天もちゃんとサクサクしている。ワカメもぷりぷり。


適当に入ったのに、ヒットを打ってしまった感。
素晴らしいな、福岡。

うどんを食べるタイミングがそこまで多くなくて、次に食べたのは帰途につく直前、空港でのことでした。
おなか空きそうだから軽く食べてから飛行機乗りたいなー、というタイミング。
ちょうど空港のラウンジにうどん屋さんがあったのです。
なんか名前聞いたことのあるお店だな、というのもあり、いつものごぼ天うどんをお願いしました。

<スポンサーリンク>

ここのごぼ天はかき揚げっぽい感じ。
まるいふわふわしたかき揚げにごぼうが入っています。

丸いかき揚げ的なごぼ天。なのですが……。


が。が。
かき揚げは、出汁についた瞬間、汁を吸ってトロッと溶けてしまい、席に持っていく頃には、ほとんどサクサク感はなくなってしまいました。
ほとんど、「揚げ玉たっぷりうどん」状態。
ごぼうも、そのかき揚げの中に切れ端が数えるほどしか入っていなくて、くずれたかき揚げの衣と一緒に食べますが、歯ごたえも悪く、正直あまりおいしくない。
さすがに出汁はそこそこでしたが、とてもがっかりなうどんでした。
うう、滞在最後にこのうどんで締めることになってしまった……。がくり。

福岡でうどん食べるなら、ちゃんと町中のおいしいところで!!

福岡来たけど、うどん食べるタイミングなくて、空港で「うどんがあったからこれ食べよう」みたいな人がいたとして、ここのうどんで福岡のうどんがいまいちっていう印象を持ってほしくなーーーーーい!!!!!!

激しく抗議したい!!
空港なんて、いろんな場所からの窓口だからこそ、もっとおいしい名産ものを置くべきだよ!!!
お店の人にとっては毎日のルーティンだろうけど、旅行者にとっては一期一会のうどん接触タイミングなのに!!!

今まで何度か食べた福岡のうどん、どれもたいていおいしかったのです。ここが例外だと信じたい。
だから、食べるなら町中のお店で!! ぜひ!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ