「天狼院書店」に私の記事が掲載されました。その2!打率はようやく5割に……!

img_9631以前も書きましたが、10月から「天狼院書店」という面白本屋さん(本屋という概念を捨てたほうがいい本屋さん)が主催している「ライティング・ゼミ」に通っています。
毎週課題提出があり、これまで4回の提出がありました。

>前回掲載された話はこちら
「天狼院書店」に自分の記事が掲載されました。緊張しつつも、うれしい初体験。

4回目の課題提出。
今回、なかなか書く題材が決められず、時間がどんどん差し迫ってきたなかでなんとか書き上げました。
教えてもらっていることをできるだけ実践する!
あと、今までの講評で出たダメ出しを直す!
という意識で書いたものです。

そうしたら、掲載してもらえましたー!
YATTA-!!

「お申し込みいただき、誠にありがとうございます。
 以下のとおり、承りましたのでご案内いたします。
 自己都合によるキャンセルは承れませんのでご了承願います」

ブラウザの上に「やっちゃった以上はもう一歩も退けませんよ」と、丁寧な脅し文句が表示される。
メールでお知らせまでくれる、ダメ押しつきだ。

自分の意思で申し込んだにもかかわらず、不安で心臓の音がどくどくと高まる。
あー。どうしよう。
申し込み、完了してしまった。

私が申し込んでしまったのは、フルマラソンの大会だ。今回で7度目の参加になるレース。
これまで6回も出ているのだから、もっと自信をもって参加できるようになればいいのに、いまだに申し込みをする前はものすごい緊張するし、申込み完了したあとは少しだけ後悔する。
なぜなら、私にとってフルマラソンを走ることは、爆発する自分の感情と向かい合うことになるからだ。

続き、ぜひ読んでください。
4時間44分の、誰も見られない舞台の次回公演は3月です
初回は運よく掲載していただいたのですが、その後2回とも撃沈。
毎回論理的に教えてもらっているのですが、なかなかそれがうまく実現できませんでした。
(というか、実現させているつもりで書いていてもなかなかピントが合わなかったというか)
初回はやっぱりビギナーズラックだったんかな……とがっくりきておりました。
努力が報われた感があってうれしい。

<スポンサーリンク>

ちなみに、タイトルは提出ぎりぎりまで悩みまくりで、ひねりすぎたか……と思っていたのですが、ギャップがあってよい、とおほめいただきました。
ううう、よかった……。

次もがんばるぞー!!

天狼院についてはこちらもどうぞ!

「天狼院書店」に自分の記事が掲載されました。緊張しつつも、うれしい初体験。

「天狼院書店」に掲載されました、その3! これはフィクションなのですよ!

「天狼院書店」に掲載されました、その4! 今回は日常ネタで行きました

<スポンサーリンク>

「天狼院書店」に掲載されました、その5! 長年のコンプレックスさらけ出してユースキンAラブを書きました

「天狼院書店」に掲載されました、その6! 「食わず嫌い」について書いたはずが…。

「天狼院書店」に掲載されました、その7! 久々に会った友達の話を書きました

「天狼院書店」に掲載されました、その8! 好きな服の話をかきました

「天狼院書店」に掲載されました、その9! 大人同士の常識のギャップについてかきました

「天狼院書店」に掲載されました、その10! 年始に行ったローストホースの感動をもう一度!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ