「天狼院書店」に掲載されました、その4! 今回は日常ネタで行きました

smile-1188654_640天狼院書店のライティングゼミの課題提出6回目。
毎週月曜23:59が課題提出期限なのですが、毎週あっという間にやってきます。
最近の土日は、ほとんどこれに頭を占領されている感じ。

さて、今回は日常の出来事をネタにしてみました。
今までは割と、これまでずっと考えていたことだったり、長年の気持ちだったり、こだわり部分だったり、というのをネタにしていたのですが、先週起きた事件(といっても小さなものですが)をネタにしました。
正直、掲載突破の自信はなかったのですが、なんとかハードルクリアです。

「あっ!! 痛っ!!」

一瞬の衝撃の後に、痛みが右手の先からビリッと伝わってきた。
思わず手に持っていたニンジンを取り落とし、左手で右手の親指の付け根をぎゅっと握りこむ。
みるみるうちに、真っ赤な血がぽたぽたっと零れ落ちた。
慌てて水を出して親指にそっとかけると、事故現場があらわになる。親指の側面に2か所、細長くざっくりと刃物でえぐられた跡が見えた。不幸中の幸い、切り取られてはいない。

うわー。久々にやってしまった……。

しばらく洗い流してから水を止めると、すぐにまた血がむくむくとあふれてきた。
「ティッシュ! ティッシュ!」
「ばんそーこ取って、ばんそーこー!」
声を聞きつけて台所に来た夫に、ばたばたと世話を頼む。
なんとか傷口に絆創膏を貼るところまでたどり着いたが、付属のガーゼはどんどん赤くにじんでいく。

続き、ぜひご覧くださいませ。
はたらく親指の主張を聞こうじゃないか

いつも課題提出後、なんかこう、しっくりこない、うまく書けなかった……という気持ちでいっぱいになります。
掲載になったのはうれしいのですが、個人的にここがだめな気がするんだけどそこんとこどうだったんですかね……と店主の三浦さんに聞いてみたい。

<スポンサーリンク>

#今回はうまくいったかな? というときがNGで、うまく書けなかった、ダメかも……というときにOKだったりするので、その「自信あるように書けた風」がだめなのかもなあ。いつでも臆病でいることが結構大事かも。

天狼院についてはこちらもどうぞ!

「天狼院書店」に自分の記事が掲載されました。緊張しつつも、うれしい初体験。

「天狼院書店」に私の記事が掲載されました。その2!打率はようやく5割に……!

「天狼院書店」に掲載されました、その3! これはフィクションなのですよ!

「天狼院書店」に掲載されました、その5! 長年のコンプレックスさらけ出してユースキンAラブを書きました

<スポンサーリンク>

「天狼院書店」に掲載されました、その6! 「食わず嫌い」について書いたはずが…。

「天狼院書店」に掲載されました、その7! 久々に会った友達の話を書きました

「天狼院書店」に掲載されました、その8! 好きな服の話をかきました

「天狼院書店」に掲載されました、その9! 大人同士の常識のギャップについてかきました

「天狼院書店」に掲載されました、その10! 年始に行ったローストホースの感動をもう一度!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ