【自炊】「焼豚」と「黒豆クリームチーズくるみ」ワイン進んでしまう…

こんにちは、つたちこです。
ネットで見かけたレシピを試しました、2023。

大晦日にスーパーによったら豚肩ロース塊の大きいのが安くなっていたんですよ!
(翌日から休みだから)
これは買わねばとカートに入れ、以前見かけて気になっていたレシピを試すことにしました。

今井真実さんの「焼豚」です。
レシピはこちら。

<スポンサーリンク>

時間はかかるのですが、手間も少なくてかんたん!
私は600gの肉を半分に切って、元旦の午前中に作りました。その後1日半放置。
(半分は別の味付けして冷凍しました。が、全部焼豚にすればよかった、と後悔しました)

詳しいレシピは上記ページを見ていただきたいのですが、肉をオーブン入れて放置、ポリ袋に調味料入れて肉入れて1日以上放置、食べるときに焼いて完成! と、本当に手間がかからなくて素晴らしい。
八角は家になかったので入れてません。

写真:今井真実さんの焼豚できました
しっとりとした焼き具合、最高じゃないですか?

肝心の味は? って一口食べたら、マジでとても美味しかった!
醤油&砂糖&にんにくのシンプルな味もいいんですが、なにより肉が柔らかい! しっとりしてる!
低温で長時間焼いた効果だと思うんですが、下処理なしでただ焼いただけなのに? ってびっくりするくらい柔らかいです。感動。

最後に周りをカリッと焼くのも大事でした。
食べたときにほんのり温かくなるのと、柔らかいだけじゃない食感があるのがいいです。
これはまた塊肉を見つけたときに作ります。絶対。

<スポンサーリンク>

そしてもう一品。
買ってきた黒豆にクリームチーズとくるみを合わせるだけのこちら。

見たときから「これは絶対好き」と思ってましたが、実際にやってみたら本当においしかった。
黒豆の甘さとクリームチーズのしょっぱさ、クリーミーさ、くるみの食感と香ばしさ。
合体したときのおいしさよ。

写真:山本ゆりさんの「黒豆クリームチーズくるみ」を作りました
「作る」というのもおこがましいほどかんたん…

合わせただけなのに、おいしすぎる。

焼豚は殆ど食べてしまったし、黒豆もなくなってしまった。焼豚、倍量作ればよかった。そして黒豆、また買ってこようかな(安くなってそうだし)。

冷蔵庫の中身もだいぶ整理されてきて、我が家で唯一お正月っぽかった冷蔵庫が通常モードに戻りつつあります。
そろそろいつもの適当ごはんかなあ。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。