【自炊ランチ】鯖の切り身でトマトソースパスタ。鯖と酸味のコラボがおいしい!

こんにちは、つたちこです。
またパスタかよ、といわれそうな自炊ランチですが、今日のメインは魚。
鯖であります。

伊都菜彩(糸島の産直市場)は、野菜メインであるものの、魚介類もかなり豊富に取り揃えています。
東京では考えられないボリューム&値段。
もちろん鮮度も抜群で、味もおいしい。

それゆえ、こちらに越してから、魚料理がめちゃくちゃ増えました。
特に16時過ぎくらいに行くと、切り身や刺身が半額になるのもうれしい。
夕方にお店にいくなら、この時間を狙います。
(その日に食べるのは変わらないのに、半額!)

 

さて、今回買ってきたのは、鯖。
大きめの鯖を3枚におろしてある切り身が、3枚(1.5匹分)入って、380円なり。
その日の夕飯には、2枚分を簡易竜田揚げにして食べました。
残った分が今日のランチに登場です。

鯖といえば「足が早い」といいます。
時期的にも、買ってきた翌日の調理なので、しっかりめに火を通したい。

というわけで、トマトで煮込むことにしました。
これは、以前勤めてた時の仕事で教えてもらった、鯖水煮缶とトマト缶のレシピを思い出しつつ作ってみました。

 

鯖(半身分)は骨を抜いてから、適当なサイズにカット。
軽く塩をした後、水気をペーパータオルで拭き取ります。

フライパンにみじん切りのニンニクとオリーブオイルをいれて温め、ニンニクが香ってきたら、鯖を皮目から入れて焼きます。
こんがりしてきたらひっくり返し、しばらく焼いてからトマト缶1缶を投入。
コンソメキューブ1個を入れて、軽く塩コショウしたら、しばらく煮込みます。
途中で、味見して、味が足りないようなら塩を足します。

同時にパスタをゆでて、茹で時間1分前に鍋からトマト煮込みのフライパンにパスタを移動。
(ざるは使わず、トングで、多少のゆで汁ごと移動します)
パスタにトマトソースを絡めたら皿に盛ります。

サバのトマト煮込みパスタ、出来上がり。
仕上げに乾燥バジルをパラッとふったら香りもいいです。

鯖のトマトソース煮込みパスタできあがり。

 

当初は、よく火を通すために、サバを煮ながら身を崩してしまおうかと思っていましたが、結構しっかり煮込めたので、食べながら崩す方式にしました。
ちゃんと上に「鯖切り身がのってる」と主張したほうが、豪華な感じがしますしね。

 

ではいただきます。

アップで撮ってみる

具はニンニクとトマト缶と鯖のみ、と、シンプルですが、それゆえに? 鯖のおいしさが引き立つ感じ!
生鯖で脂ののりもほどほどによくて、トマトのほうにも鯖の旨みが染みだし、トマトの酸味はさっぱりとサバを引き立て、とてもおいしい。

パスタだけじゃなくて、サバを崩してトーストしたパンにのせたりしてもおいしいと思う。
(鯖サンドの変形みたいな感じか)

簡単でおいしかったので、また鯖を手に入れたら作ろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ