糸島周辺のカレーうどんを調べてみた(みんなちがってみんないい)

こんにちは、つたちこです。
今日のランチはカレーうどんでした。

写真:カレーうどん
寒い日にはあったまるー。

私のカレーうどんは、出汁で具材を煮た後にカレー粉を混ぜて、仕上げに水溶き片栗粉でゆるくとろみを付けるタイプです。ルーは使いません。
ここ数年は水の半量を豆乳に替えて終盤に追加、クリーミーカレーうどんにするのが好みです。

今日の具は、長ネギと薄揚げと豚肉。
ついつい汁まで飲んじゃう危険なおいしさ。
辛味と、とろみの付いた汁で体の中から温まります。

食べ終わって、オットと
「東京では庶民的な蕎麦屋に行けばだいたいカレーうどん(カレーそば)を食べられるけど、福岡にもあるんかな?」
という話になりました。

東京は「うどんや」は少なく、ほとんど「蕎麦屋」。蕎麦メインだけどうどんにもできますよ、という感じ。
その中の1品として、カレーうどん(そば)がある印象。
私も会社員時代のランチに、時折蕎麦屋で食べたものです。そのカレーうどんは、だいたい前述のような薄いトロみタイプでした。
※非常に大雑把にくくってますが、各お店でこだわりのカレーうどんだったかもしれません。

<スポンサーリンク>

一方、福岡には蕎麦屋さんは少なく、あってもこだわりのお店が多い印象。
うどんやさんのほうがポピュラーでたくさん見かけます。蕎麦もメニューにありますが、東京と逆で「うどんメインで蕎麦にも変えられますよ」という印象です。

でも、メニューに「カレーうどん」を見た覚えがないな。
私が見落としてるだけかな? と調べてみました。

糸島周辺でよくあるチェーン店だと、牧のうどん、ウエスト、資さん。
公式サイトと、Twitterで探してみました。

牧のうどんにはカレーうどんが存在しました。

写真を見る限り、普通のカレーライス用カレーを茹でたうどんに掛けているように見えます。
そしてごはんもついてくる。炭水化物バンザイ。
でもメニューに「カレーライス」はない。つまりカレーライス用っぽいけど、カレーうどん用のカレーなのだ。
「とても美味しい」ですと……!!

ウエストにもカレーうどんがありました。
公式には写真がなかったのですが、こちらのツイートを参照しました。

こちらの汁はかなりサラサラとしているそうです。
具なしです。素カレーうどんがベースで、トッピングを好きにするのがいいのかな。
ガラムマサラがついてくるのも面白い。他にあんまり見ないですね。
「最高」なんだ……!

<スポンサーリンク>

資さんうどんは「カレーぶっかけうどん」がありました。

これも私の思うカレーうどんとはちょっと違う。
カレーライスのカレーをストレートでぶっかけてるそうです。
資さんうどんにはカレーライスメニューもあるので、それなら納得です。時間もかからないしね。
「今まで食べたカレーうどんの中で間違いなくナンバーワン」……!? めちゃくちゃ気になる。そしてカツカレーうどんの迫力すごい。

あと、大地のうどんにもカレーうどんがあるそうです。
公式サイトには掲載されてなかったのですが、個人ブログやTwitterで確認しました。
こちらもとろみ強めの普通のカレールーっぽいカレーうどんに見えました。
野菜の天ぷらがのってておいしそう。

参照:博多駅直結大地のうどんのカレーうどん | 西新・カレー愛好家しゅうしゅうの備忘録

温泉卵のってるのいいですね!!

私の好きな「あじ豊」は、カレーうどんはメニューになさそうでした。
(カレーライスもない)
さぬきうどん系にはないってことかしら。

自分が目に入っていなかっただけで、結構うどん屋さんにカレーうどんがあるんだなあ。
同じ「カレーうどん」名称でも、系統が違うのが面白い。

カレー好きとしては、今度うどん屋さんに行ったら試してみるべき。みんなちがってみんないい(金子みすゞ)。
(でも福岡のうどんは出汁がおいしいので、ついそっちを選んでしまいがちです)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。