【福岡】「花鳥風月」のふわとろ海老ワンタンメンは山形の味!

こんにちは、つたちこです。
東京からの帰りにおなかが空いて、福岡空港内にある「ラーメン滑走路」に行ってきました。

写真:福岡空港のラーメン滑走路
ラーメン滑走路は通路がかっこいい。

 

以前もラーメン滑走路でつけ麺を食べました
ここのラーメンやさんラインナップは、福岡豚骨系が多いですが、東京、大阪、北海道、宮崎、山形のお店も並びます。

福岡のお店は別に行けるしな、と今回はあっさりしてそうな「酒田ラーメン 花鳥風月」に行ってみました。
山形県はラーメンの消費量日本1位なんだそうですよ。全然知りませんでした。

写真:福岡空港 ラーメン滑走路 花鳥風月 外観

 

時間も遅めだったので、お店はガラガラでした。
まずは入口の食券機でお会計。

メニューは「ふわっとろ海老ワンタンメン」が一番のウリのようです。
キャッチコピーは「まるで雲を呑むようななめらかさ」
「雲吞(わんたん)」だけに。

私はこの「海老ワンタンメン」の小盛があったので、そちらにしました。(750円)
東京で食べすぎたので、軽めの夕食です。
※小盛があるのはこの1種類だけでした。

 

お店の中は、カウンター席はなくてテーブル席のみ。
相席前提の大きなテーブルがセンターに1つ、4人掛けが2つ。
空いていたので、4人掛けに座りました。
ライティングがおしゃれです。

<スポンサーリンク>

写真:福岡空港 ラーメン滑走路 花鳥風月 店内の様子

 

入ってすぐに食券を渡して、テーブルに座ってしばし。
あっという間にラーメンがやってきました。

こちらがえびワンタンメン小盛。

写真:福岡空港 ラーメン滑走路 花鳥風月 えびワンタンメン小盛

ちなみにオットの頼んだ普通盛はこちら。
器が1.2倍くらい大きいです。海老ワンタンは2個入り。

写真:福岡空港 ラーメン滑走路 花鳥風月 えびワンタンメン普通盛

澄んだ薄めの色の醤油系ラーメンです。
いただきます。

 

まずはスープ。
しっかり魚介系出汁のスープです。
煮干しと鯛干しをメインで使っているそうです。「鯛干し」って珍しいですね。
ものすごくさっぱり、すっきりした味わい。
なんだかほっとします。

 

具材のえびワンタンは、小盛なので1つだけ。
ワンタンの皮が、確かにキャッチコピー通り、ふわふわとろとろで、箸で持つのも大変。
レンゲで流し込むと、つるんと喉を通ります。

皮がうまーい!
さすが、ワンタンを売りにしているラーメンなだけあります。
雲は呑んだことないけど、こんな風なのかしら。
するりとのどを抜けていったよ。

ワンタンの具は、ミンチなどになっておらず、海老一匹丸ごとがワンタンの皮に包まれていました。皮から海老が透けて見えるのです。
海老がプリプリしてとてもおいしい。ちょっとびっくりするおいしさです。
このワンタンだけ、もう一つ食べたい。

 

写真:福岡空港 ラーメン滑走路 花鳥風月 えびワンタンメンの麺

<スポンサーリンク>

麺はちぢれ麺です。
つるつるとしたのどごしで、さっぱりしたスープをよく絡められて、おいしい。

チャーシューは面積は大きいのですが、非常に薄切りタイプ。
バラ肉ですがさっぱりした味でした。

 

全体に軽い味わいで、するする入ってしまった。
あっという間に完食です。
これなら小盛じゃなくて普通盛でもよかったかも(食べすぎです)。

 

こういうあっさり系ラーメンは、とても久しぶりです。
遅めのごはんに、ぴったりでした。

ごちそうさまでした!
ラーメン滑走路は手軽においしいものが食べられていいですね……!

 

酒田ラーメン 花鳥風月
福岡県福岡市博多区下臼井778-1 福岡空港国内線3F ラーメン滑走路

酒田ラーメン 花鳥風月(食べログ)

ラーメン滑走路 | green blue[FUKUOKA AIRPORT]

 

以前行ったラーメン滑走路の「つじ田」はこちら。

福岡で東京の味!「つじ田」のつけ麺は、こってりなのに爽やかに食べ切れる
こんにちは、つたちこです。 2017年11月に福岡空港にできた「ラーメン滑走路」をご存知ですか? 私も噂はきいていたものの、...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ