【自炊】チキンとサツマイモのハニーマスタードソース炒め的なもの

こんにちは、つたちこです。
先日作った「ハローフレッシュ」のレシピをベースに、自分で材料調達して作ってみました。
今回作ったのは、「チキンとごろごろ野菜のベシャメルソース添え」の応用です。

材料(2人前)

もう一度作った理由は、ハローフレッシュのセットに入ってたローズマリーが余っていたからなんです。
余したローズマリー、いざ使おうとすると悩ましかったので、それならこの間のおいしかったやつを作ってみよう、となりました。

(A)

  • からしチューブ 6cmくらい
  • にんにくチューブ 3cmくらい
  • はちみつ 大さじ1くらい
  • 塩 ひとつまみ
  • 砂糖 小さじ1
  • 酢 大さじ1/2
  • 醤油 小さじ1
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 水 大さじ1

  • 鶏もも肉 1枚
  • 塩少々
  • バター5g
  • フレッシュローズマリー 1本

つけあわせ

  • サツマイモ 1本

ハローフレッシュでは小袋に入ってきた調味料たち。
正確な量が不明なので、今回は目分量で作りました。
マスタード→からしの改変もしてます。粒マスタードでもよかったかもしれません。

<スポンサーリンク>

元レシピはソース2種類で作りましたが、今回は後乗せのベシャメルソースは省略。
(レシピタイトルに入ってるのに……)

そして付け合わせ。
ジャガイモがなくて、サツマイモを買ってきたのであわせてみました。いけました。
(元レシピはジャガイモ、ニンジン、インゲン)

作ります

よく洗ったサツマイモは、皮ごと1cm幅に切って耐熱皿にのせラップ。電子レンジ根菜モードで火を入れます。
(500w5分くらい?)

(A)の調味料を全部皿に入れて混ぜておきます。皿は小鉢サイズで間に合います。

鶏モモ肉は8等分に切って、軽く塩をします。

フライパンにバターをいれ、中火で溶かしたら鶏肉を皮目からいれて、両面計3分くらい焼きます。
鶏肉の両面に焼き目がついたら、隙間にレンチンしたサツマイモを入れて3分ほどサツマイモの両面に焼き目を付けます。

その後、混ぜた(A)、フレッシュローズマリーを入れ、蓋をして弱火にして5分ほど蒸し煮します。

ふたを開けて鶏肉を取り出し、中火で少し水分を飛ばしたら完成。
今回はサツマイモだけだったせいか、それほど水分量は多くなかったので、ぐつぐつととろみがついたところで完成にしました。

<スポンサーリンク>

本来のレシピだと、この後ローズマリー入りのベシャメルソース作りが入るのですが、今回はなしです。
(残ローズマリーが1本だったこともあるし、面倒でもあった)

できました!

ニンジン・インゲンが入ってないので、色味は地味になってしまいましたが、ローズマリーを飾ったらシャレオツ感がでました。

写真:チキンとごろごろ野菜のハニーマスタードソース炒め的なもの
チキンとサツマイモのハニーマスタードソース炒め的なもの。大学芋ではないよ…

これ、とてもおいしい!
もともとのレシピがおいしいので当然といえば当然なんですが、前回よりもソースがたっぷりでとろみもあって、ソースのおいしさが楽しめました。
このソース、なんとも不思議な甘じょっぱさがあって「こういう味!」って説明しにくいのですが、自力では絶対考え付かない味なんですよね。
ベースはハニーマスタードなんですけども。

そう、本来「マスタード」だったのですが、家にあった「からし」に変更しても全く問題なしでした。
ちなみにからしの辛さはほとんど感じません。火が入って辛みが飛んじゃうのかな。
あんなにたくさん入れたのに!

鶏肉を蒸し煮しているからか、ふっくらやわらかいのも嬉しい。
ナイフ使うのが面倒だったので、食べやすく先に切ってしまったのですが、お箸で食べる人には正解でした。
ディナーというより、おかずっぽくなりますね。

あと、つけあわせのサツマイモ。
サツマイモの甘さと、絶妙ソースの味が絡んで、個人的にすごく好きな味でした。
ジャガイモもおいしかったけど、サツマイモもとてもいい。甘じょっぱいの平気な人にはぜひおすすめしたい。

というわけで、ベシャメルソースなしで、全然おいしいです!!
だいぶずぼら用アレンジでしたが、ハローフレッシュのおかげで新しい鶏肉料理の世界が開けました。
ありがとうありがとう!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。