【自炊】練らないでハンバーグ。ロコモコ丼風ランチを手早く作る

こんにちは、つたちこです。
ほぼ毎日の自炊、「あれが食べたいがめんどくさい」は、結構あるあるです。
今回はハンバーグが食べたいけどめんどくさい、を何とかしました。

ハンバーグといえば、私の中で「フライパンで練れば後が楽」というのが定説になってます。

楽にはなったが、それでも手間はそこそこかかるのです。
おいしいけど!

というわけで、今日はさらに簡略化して、練らないでハンバーグっぽい味を食べる、をテーマにしました。

材料(2人前)はこちら。

  • 合いびき肉 200gくらい
  • 玉ねぎ 1/2個 みじん切り
  • 塩コショウ 少々
  • ナツメグパウダー 少々
  • 中濃ソース
  • ケチャップ
  • 付け合わせにキュウリ1/2本、ミニトマト6個くらい

<スポンサーリンク>

ナツメグは、ハンバーグっぽさを出すのに非常に有効なので、今回の必須アイテムです。

作ります。

フライパンに、合いびき肉とみじん切りにした玉ねぎを入れ、火にかけます。
塩コショウ、ナツメグを振ったら、肉をばらしながら炒め、肉の脂で玉ねぎも炒めます。

炒めている間に、キュウリは小さめの角切り、プチトマトは半割にします。

肉に火が通ったら、中濃ソース、ケチャップを大匙1~1.5くらいずつ入れます。
全体に味がなじんだら完成です。かんたん!

<スポンサーリンク>

これをご飯の上にのせ、キュウリ・トマトと半熟ゆで卵(分量外)と一緒に盛り付けました。
ロコモコ丼風ハンバーグもどきの完成。

写真:ロコモコ丼風の完成
赤・緑・黄の彩りでいい感じに見える!(副菜のサツマイモは作り置きです)

肉汁があふれる! ふんわり! みたいなハンバーグではないですが、肉肉しさとナツメグの香りのおかげで、ちょっとワイルドなハンバーグ的な味わいになります。

味は安定の「ソース&ケチャップ」なので、ごはんにもよく合います。
あとこの生野菜と一緒に食べるのもおいしいのです。お好みでマヨネーズを少しかけても。
今日は冷蔵庫になかったのですが、レタスと一緒に盛ってももちろんおいしいです。

写真:ロコモコ丼風の完成
半熟卵でゴージャス感。

ちなみに、半熟ゆで卵は昨日オットが作ったものを活用。楽しました。
半熟卵が入ると、とたんにごちそう感が出る。素晴らしいアイテムですね。
もちろん目玉焼きでもOK。むしろそっちのほうがロコモコっぽいし手早いです。

ひき肉を塊にしないので、火が入るのも早い。
あっという間に「ハンバーグ的なひき肉料理」ができます。

野菜を切って炒めるだけ、短時間でそこそこ見栄えするものができるので、時間のとりにくい自炊ランチにまた作りそうです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。