【まんがごはん】「ワカコ酒」の豚肉チーズたくあん巻は甘じょっぱさが癖になる

こんにちは、つたちこです。
ネットで見かけた料理を作ってみるシリーズ。
今回は正確にはマンガ飯なんですが、自分で読んだ漫画ではないのです。

愛読している「マンガ食堂」さんに掲載されていた料理を作ってみました。

参考レシピ:「ワカコ酒」(新久千映)の豚肉チーズたくあん巻き : マンガ食堂 – 漫画の料理、レシピ(漫画飯)を再現 Powered by ライブドアブログ

「ワカコ酒」は、何かのタイミングでちらりと読んだことはあるのですが、その程度の知識しかありません。
お酒飲むと「ぷしゅー」ってなるやつですよね。ドラマ化、アニメ化もされている人気漫画です。
今回の料理は18巻から、とあり、たくさんコミックスが出ているのですね。ロング連載なのだなあ。

で、掲載されていたのが、チーズ+たくあんを豚肉で巻いて食べる串焼き。
チーズとたくあん……!
ちょっと味の想像がつきませんでした。
でもおいしそう。しかもそんなに難しくなさそう。

というわけで、作ってみました。
ちょうど豚バラ切り落としの残りがあったのですよ。

<スポンサーリンク>

チーズは四角いプロセスチーズ、たくあんは黄色いのがなくて白いべったら漬を買ってきました。

チーズとたくあんを細長く、同じくらいのサイズに切ったら、豚肉で巻いていきます。
プロセスチーズだけど溶けそう、と思って縦巻と横巻のダブルで巻きました。

私の場合は串に刺さず、そのまま巻き終わりを下にして冷たいフライパンに並べて、塩コショウしてから火をつけました。
豚バラから脂が出るだろうから、油も未使用です。

肉が厚めになってしまったので、火が入りやすいように蓋をしてしばし。
焦げ目がついたら転がすようにして焼きましたが、途中からチーズが溶けて、隙間からはみ出てきました。

でも肉にしっかり火を入れたいので、そのまま焼き続け、最後には溶けたチーズを肉に絡めて完成。

出来ました……。見本とは見た目がだいぶ違いますが!

写真:チーズたくあん豚肉巻き
串焼き感ゼロになりました。チーズがこんなにとろけてしまった。

熱いうちに頂きます。

かじると、豚肉のうまみと一緒に濃厚なチーズ、そしてポリポリっと甘じょっぱいたくあんの歯ごたえ。
面白い! これはあんまり食べたことのない感じです。
そしてとてもおいしい。

写真:チーズたくあん豚肉巻きと夏野菜のおかずたち
これは私の好みですが、仕上げに黒胡椒たっぷりかけて。

<スポンサーリンク>

オットには、中身が何かを告げずに食べさせたのですが
「なんか入ってるけど、なんだこれは??」
と頭にはてなマークがついてました。

たくあんだよ、と伝えると
「全然わからなかった!!」「うまい」と絶賛でした。

味つけは軽い塩コショウだけで、あとはチーズとたくあんがフォローしてくれて、複雑な味わいになるのがとてもいい。

個人的には、チーズが溶けすぎてしまったのが気になります。
見本のように「ちょっととろっとする」くらいにするには、もっと短時間で焼かないと。

肉を薄くして焼き時間を短くするか、チーズ自体をもっととけにくいタイプを探して使うか。
(今回はベビーチーズ使用で、見本と同じにしたのになあ)

あとは、大葉でチーズをまいてから肉を巻き付けるとかもありかも。
大葉でチーズが漏れないようガードする感じ。

巻くのはちょっと手間ですが難しくないし、おいしかったのでまた作りたい。
ごちそうさまでした!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。