【新宿】「パンとサーカス」で珍しい肉とおしゃべりを楽しむ夜

こんちには、つたちこです。
新宿で珍しいお店に行ってきました。
肉バルの「パンとサーカス」というお店です。

 

場所は新宿三丁目の近く。
この辺に来るの久しぶりです。

お店は雑居ビルの4階にひっそりとあります。

 

エレベーターを降りると、まずお店の雰囲気に驚きます。
真っ赤なネオン! なんのお店だ?!
出迎えてくれる女性は、ゼブラやネコ?ヒョウ?のコスプレ的な格好をしてます。

お店のコンセプトはレトロフューチャーというか、ブレードランナーとか、そういう少し前のSFっぽい雰囲気があります。

写真:東京新宿 パンとサーカス 店内の様子

 

19時過ぎに着いたのですが、お店はほぼ満席。

カウンター席と、テーブル席、中二階(ロフト)の席があり、今回はロフト席に通されました。
階段を上るときに天井に頭をぶつけがちですが、広々してます。
靴を脱いでクッションに座ります。

 

<スポンサーリンク>

メニューを拝見。
なるほど、たしかに肉バル……。
肉は肉でも、普通の肉だけじゃない。

豚、鶏、牛のいわゆる普通の肉のほか、羊、鴨、ウサギ、鹿、ウズラ、さらには、ワニ、カンガルー、ダチョウ、エミュー、カエル、などなど。

ジビエ……?
これはジビエの範疇なの?

写真:東京新宿 パンとサーカス メニューの一部

 

飲み物も、普通のビールやワインなどもありますが、マムシ酒、蜂のレモンサワー、蠍のレモンサワーなど。
いわゆる強壮作用がありそうなお酒があるようです。

 

勇気のないわたしたちは割と普通っぽいのを頼みました。

 

こちらは肉のカルパッチョ三種盛り。
真ん中の白いのがワニ(たしか)、エミュー、もう一種は忘れてしまった。

写真:東京新宿 パンとサーカス 3種盛りのカルパッチョ

どれもあっさり系でした。
クセがなくておいしかった。

 

前菜3種盛りです。

写真:東京新宿 パンとサーカス 前菜三種盛り

これは、鴨のロースト、レバーパテ、パテドカンパーニュ。
レバーパテがとろりと滑らかでおいしい。

 

<スポンサーリンク>

次は羊のグリル。
いい焼き具合でした。
ソースが二種と粗塩がついてて、味を変えながら食べるのが楽しい。

写真:東京新宿 パンとサーカス 羊のグリル

お値段の割にボリューム少なめですが、それは新宿価格で仕方ないか。

 

続いて鹿のカツ。
赤身のお肉にザクザクの衣がよくあいます。
カツなのにさっぱり食べられました。

写真:東京新宿 パンとサーカス 鹿のカツ

 

ごちそうさまでした。

というわけで、見事に肉三昧。
でも、面白肉はほとんど食べませんでした。笑

まあ、ワニ、エミュー、の段階で自分的には十分面白肉でしたが、食べてみるとあっさり平気なものです。
他もそうなんだろうか(カエルは鶏肉っぽいと聞いたことがありますね)。

なんというか、新宿ならではのコンセプトの面白いお店でした。
話のネタにいいかもしれません。笑

ランチもやっているそうですよ!

 

パンとサーカス
東京都新宿区新宿3丁目3 三慶ビル 4F

パンとサーカス(食べログ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ