iPhone13、3日目。カバー&ガラス保護フィルム装着でひと悶着(解決しました)

こんにちは、つたちこです。
iPhone13の話が続きます。

今日はカバーとガラス保護フィルムが届いたので、それを装着の儀。

ガラス保護フィルム

前代iPhone7を買ったとき、appleストアでガラスの保護フィルムを貼ってもらった思い出。
正直いらないかなーと思いつつ貼ってもらったら、非常に役立ちました。

写真:iPhone7 ガラスフィルムが欠けてひびが入ってます
iPhone7、ガラスフィルムが欠けてひびが入ってます

見事に欠けてます……。角にひびが入っているの、見えるでしょうか。
他にも傷やひびが結構入ってます。

私の不注意で、よくスマホを落っことしてしまうのですが、その時の衝撃で何か所か割れている。
そして、大きな支障はないので、割れたまま使ってましたけど。

でも本体のほうは無傷でした。
つまり保護フィルムが役目を全うしたということ。

このことから、今回もガラス保護フィルムは必須でした。
わたしのことだから、また落っことすに違いない。

今回はiPhoneも通販で買ったので、フィルムとカバーもネットで買いました。
フィルムはこちらを買いました。

<スポンサーリンク>

強度、値段、2枚入りでスペアがあること、ガイド枠やクリーナーもついている、などで選びました。
虎柄の派手パッケージです。

写真:TREEES 無敵スマホ用ガラス強化保護フィルム
なぜ虎柄パッケージ…?

開けたら、厚手のクッションに囲まれてました。
ガラス製なので、割れないように気を使ったパッケージなのですね。

写真:TREEES 無敵スマホ用ガラス強化保護フィルム クリーナーとフィルムが2セット、ガイドがついてます
クリーナーとガラスフィルムが2セットあるので、失敗しても安心。右のはカバーじゃなくて貼るためのガイドです。

まずは付属クリーナーセットの中から、アルコールシートで全面をふきます。
その後、乾燥したふき取りシートで拭きとる。
ついた手あかや指紋がなくなり、到着時のような美しさが戻ります。

ここでガイド枠をスマホにセットして、ガラスフィルムの保護シートをめくって貼りつけます。
ガイドに沿ってフィルムを載せて手を外し、フィルム表面を指でそっと押すと、すーっと空気が勝手に抜けていきます。

おお、すごい。勝手に貼りついた。
そして気泡も全然入りません。これはすごい。
こういうの苦手なんですけど、私にできるなら、だいたいの人は問題なくできるのでは?

貼り終えたらガイドを外します。
ガイドありがたい。

残った1枚は、何かの時のスペアに取っておこう。

カバー

カバーはこちらを買いました。

写真:Spigen iPhone13 用 ケース 全透明 TPU バンパーケースのパッケージ
パッケージもシンプル。

iPhoneの美しさを見せるため、シンプルイズベスト!
透明で装飾要素なし。
画面とカメラをガードする高さがついています。

ちょっと硬いですが、ぐっと力を込めてはめ込みます。

カバーと保護フィルムが干渉…!

ここで問題発生。
今回、ガラスフィルム→カバーの順につけたのですが、カバーを付けたらガラスフィルムが浮き上がってしまいました……。

ガラスフィルムの下1/3くらいが白くなってしまいました。さっきまでぴったりフィットで真っ黒だったのに!
慌ててふき取りシートで何度もこすりますが、すぐに白く戻ってしまいます。

<スポンサーリンク>

カバー側に力を入れて緩めると空気が抜ける……けど、戻すとまた空気が入ります。
気泡レベルじゃないですね、カバーに触れて浮き上がってしまったようです。

カバーとフィルムが干渉しちゃってる……!!

同じメーカーにしなかったからだろうか。
痛恨のミスか!?

よくよく見ると、フィルムの上部(インカメラがあるほう)に少し隙間があります。
フィルムをもう少し上に貼りなおせば、いけるかも?

せっかくガイドつけて貼ったのにな。
白く浮いた部分にガラスフィルムの保護シートを差し込んで、てこの原理でぺりりとはがします。
これをほんの少し上方向にずらし、もう一度手を放します。

またしても、すーっと空気が抜けていく……と思ったら一部に小さな気泡が残ってしまいました。
ああ、さっきの干渉時とは違うタイプの気泡。
小さな気泡で、もしかしたらゴミが挟まってしまったか?

カーリング選手を思い出し、「ヤップヤップ」とつぶやきつつ空気を追い出すようにフィルムをこすります。
がんばってスイープした結果、ほとんど気にならないレベルになりました。

「時間が経ったら気泡が気にならなくなった」という口コミも見かけたので、これで様子を見て、気になるようならもう一枚のスペアを使うことにします。

今回の結論:ガイド枠なしで、カバーつけてからフィルムを貼るのが正解

写真:カバーのついたiPhone13
やっとカバーが付きました!

ガイドで楽々! のはずが、まさかの「カバーとフィルムの干渉」でフィルムが浮き上がってしまうとは、予想外でした。

こういう密着カバーの場合、カバーをしてからガラスフィルムを貼るほうが正解なのかもしれません。
(カバーがガイド代わりになりました)

とりあえず、無事に、かつ美しくフィルムも貼れて、カバーもつけられました。
カバーなしで気になってた「背面のがたつき」もなくなって、カメラが傷つく心配も少し減りました。
ようやく一安心です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。