本当なら北九州マラソンの日。天気予報を眺めながら妄想する寒さ。

こんにちは、つたちこです。
今日2月20日は、「北九州マラソン2022」の開催予定日でした。
中止になってしまったけど。

1か月以上前に中止決定していましたが、私のGoogleカレンダーには予定が入りっぱなしで(中止)と書いてありました。
カレンダーを振り返った時に、何もなくしてしまうより「予定してたけど中止だったな」って思い出せるほうが好きなのです。

なのでこの1週間くらいはカレンダーを見るたびに「今週末か」と思いながら過ごしてきました。
別に何も予定はないけど、日曜は晴れるといいな、などと思いつつ。センチメンタルです。

ところが、今日の福岡、北九州市は寒くて気温が全然上がりません。
最高気温7℃、最低気温3℃。
しかも、夜中のほうが気温高くて、レースが行われる朝から昼にかけてはずっと3℃台です。
とても寒い。

キャプチャ:tenki.jp 北九州市の天気(2022年2月20日)
北九州市の1時間天気 – 日本気象協会 tenki.jpより。めちゃ寒そうな1日。

大雨ではないものの、朝からみぞれ、雪、曇り。
量的にはちらちらする程度ではないかと思いますが、でもそれだけ冷たいってことです。

<スポンサーリンク>

さらに追い打ちをかける、風。
北西方面からの風が7~8m/s。
これ、相当風強いですね。
追い風・向かい風のギャップが激しそう。海沿いも風が吹き付けそう。

もし中止にならずに開催されて走ってたら、ものすごーーーく寒かっただろうな。
走ってる最中は気温低めでも体が熱くなるからいいですが、特に早朝のスタート前待機中がつらそう。
荷物預けたあとの薄着で、どうやってこの寒さを対応していたかなあ?

走ってる最中も、3℃じゃたぶん半袖+アームウォーマーじゃいられないくらい寒い。
風も強いし、ウインドブレーカー着たまま走ってたかも。

完走できたとして、身体が芯まで冷え切ったままで糸島まで戻ってきて、へろへろで体調崩しそう。
(こういう時、レース後現地泊だとすぐにお風呂に入れていいのよね……)

もしや、今日は出ないほうが健康にはよかったのかもしれません。

以前、北九州マラソンに出た2019年は、晴れ、寒さもほどほど、風もあったけどそんなに強くなく、という絶好のコンディションでした。
初めてサブ4達成したのも、このときです。
あんなベストな条件で走れることは、めったにないのかもなあ。
いや、どんな条件でもちゃんと走れるのが一番なんですけどね。

<スポンサーリンク>

あの絶好レースが、私のいまのところの「最後のフルマラソン」なので、いいイメージしか残ってなかったんですが、今日みたいな激寒い日に走る可能性ももちろんあったのでした。

マラソン大会は天候に左右される宿命ですが、できるだけ走りやすい日に走りたいなあ。わがままですが。
そんな私は、雨の日は練習もお休みです。弱い。

今年の秋か、来年の冬か、またフルマラソンにチャレンジしたい気持ちはあります。
コロナ禍の落ち着き具合と私の体調と当日の天候、すべてがうまく噛みあうなんてあるかな?

それまでぼちぼち練習続けていきます。

Photo by Fabian Schneider on Unsplash


↓過去の栄光です。あの気持ちをもう一度味わいたい!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。