歯医者日記:定期メンテの役割を確認したい…

こんにちは、つたちこです。
2か月に一度の歯の定期メンテナンスに行ってきました。

今回もいつもと同じように、さらっと歯石取っておしまいなんだろうなー、と思いつつ行ったら、久しぶりに「歯医者さんに求めるのはこれだ!」というメンテナンスをされました。

定期メンテナンスに通う理由

私はここ数年、2か月に1回歯のメンテナンスに通っています。
一般的に見ると、結構頻度高いほうではなかろうか。
というのも理由があります。

【親知らず周辺対策】

一番はこれです。
私には親知らずが3本残っていて、うち1本は歯茎奥深くに横向きに生えています。
その周辺が虫歯になりやすい、でも通常の歯磨きではどうしても磨ききれない、という理由で歯科衛生士さんにメンテナンスしてもらっています。
定期的にチェックして、きれいにしてもらうのと同時に、異常がないかを確認してもらいます。
2か月に1度見てもらえば、もし、虫歯ができていたとしてもそれほど悪化せずに済むのでは。

もう1点は、歯石のできやすさ。
これは私の体質らしいのですが、とても歯石ができやすい。
歯科衛生士さんお墨付き。
毎日、割と丁寧に磨いているほうだと思うんですが、磨きやすい前歯にすら歯石ができてしまいます……。

写真:歯のメンテナンスイメージ

歯医者さんに求めるメンテナンス

そんなわけで、2か月に1度のメンテナンスでは、問題がないかどうかの全体チェックののち、歯石を取るのがスタンダードでした。

あと、なぜか歯ブラシを持参させられ、その歯ブラシで歯科衛生士さんが歯磨きをしてくれます。
普通の歯磨きは自分でもできるし、歯科衛生士さんにはここでしかできないような専門的なメンテをしてほしいなあ、と正直思っていました。

今回もそうかな、と思いながら行きました。
この日担当してくれた歯科衛生士さんは初めてやってもらう方でした。
(歯科衛生士さんが複数いる歯科医院なのです)

「最近、気になる点はありませんか?」
とお決まりの確認からスタートし、私の口内をチェックしてくれます。
いつもより念入りにちくちくと歯茎を触るなあ、と思いつつ、おとなしくしてました。

<スポンサーリンク>

その後言われてびっくりした言葉がこれ。

「カルテを見ると、歯石取りを1年以上やってないので、今日、やりましょうか」

ええ!?
2か月に1回、毎回取ってもらってるはずですけども!
というと、それは「見える部分の話」だという。

彼女がいうには、歯茎がちょっと炎症を起こしてる箇所があるとのこと。
歯茎の内側(歯周ポケットと呼ばれる場所)がざらついていて、そこに歯石がある可能性が高い。
なので、その歯茎の奥の歯石を取りましょう、というのです。

もちろん、お願いしました。むしろぜひやってほしい。
自分じゃ絶対できないところです。
時間的に、その日は下の歯だけ、次回上の歯の2回に分けてのメンテになるそうです。
きれいにしてくれるなら2週通っても構いませんとも。

いつもより念入りの、かつ丁寧な歯石取りに感じます。

途中で「これがざらつきなんですけど……感触わかりますかね?」とこちらにその状態も教えてくれます。
ああ、たしかに触られたときにがりがりする感じが伝わる。

終わった後の下の歯、心なしかいつもよりきれいに見える。
見えない部分までしっかりやってくれてうれしい。
これだよ、私が求めていたのは!

「これで次回上の歯をやるときにまた、下の歯も状態チェックして経過観察しましょう」とのこと。

凄くありがたかったし、彼女の仕事ぶりがとてもいい! と思ったのでダメ元で
「経過を見てほしいので、次回もあなたに担当していただくことはできますか?」
と聞いてみたところ、もちろん喜んで、とのこと。

そんな指名、可能だったのか! 早くやればよかった!
いい歯科衛生士さんにあたって、うれしい。

何のためのメンテナンスなのか?

そんなわけで今回は2週連続で通うことになったのですが、どうにも疑問がわきます。

<スポンサーリンク>

そもそもなんで2か月に1度のメンテナンスをやることになったか、というと、自分では磨けない部分のチェックと清掃をやってほしいからです。

「自分でできないこと」、つまり今回やってくれた歯茎内の歯石取りが最たるものです。
絶対自分ではチェックできませんし取れません。

私は素人なので、2か月に1度歯石を取ってくれているときに、てっきりそっちもきれいにしてくれている、あるいは診てくれているものだと思っていたのです。

ところが「1年以上やっていない」という事実。
結構ショックでした。

もちろん見た目部分をきれいにしてくれているので「無駄」とは思いませんが、本来求めているところは施術されてなかった。
うーん、どうなんだそれ。

カルテにどう書いてあるかは不明ですが、「こういう意図でメンテしているから、ここに気を付けて」みたいなのは申し送りされないものなのかしら。
ただの「定期メンテナンス」はさらっとやっておしまい、みたいな感じになっちゃってたのだろうか。

それとも、その歯周ポケットチェックや歯石取りは、そんな頻繁にやる必要がないものなんだろうか。

今回の歯科衛生士さんが、なぜいつものメンテナンスとは違うことをやってくれたのかもわかりません。
個人的な判断なのか、そういう時期だったのか、とかとか。
あるいは、単に今までは炎症が起こってなかったけど、今回は炎症が起こってたから違うことをしたのかな。

もやもやと疑問がわいてきます。

次回行ったときには、歯科衛生士さんにいろいろ質問して聞いてみようと思います。

Image by Bruno /Germany from Pixabay

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。