【自炊】数年ぶりのアボカドの塩辛のせ焼き。まったりおいしい酒の肴です。

こんにちは、つたちこです。
かんたん自炊、かつ普段作らないものシリーズが地味に続いてます。

今回はアボカドと、先日買ったいかの塩辛を使います。

材料は3つ。

アボカド 1個
いかの塩辛 適宜
ピザチーズ 適宜

以上です。
適当に作れるレシピ、万歳。

<スポンサーリンク>

作ります。

アボカドに包丁を入れ、ぐるりと縦1周に切れ目を入れて、半分に割ります。
種を取ってから、皮を破かないようにアボカドに賽の目に包丁を入れます。
※食べやすくするためなので、やらなくても大丈夫です。

種のくぼみに、塩辛をのせます。
のせすぎるとこぼれるので、くぼみいっぱいくらい。

その上にピザチーズをのせます。こぼれない程度に。

このまま、トースターか魚焼きグリルの弱火で7~8分焼きます。
ピザチーズに焦げめがついて、中の塩辛がぐずぐずふいてくるくらいがおいしいです。

ただ、基本そのまま食べても大丈夫な食材たちなので、焼き加減は好みで大丈夫。
これで完成!

写真:アボカドイカの塩辛のせ焼き

あつあつとろとろのアボカドに、塩辛のうまみが絡んでおいしい!
塩辛にも火が通るので、イカがぷりぷりになります。この歯ごたえもよし。
あと、火が通る分、クセはちょっと減るかも。

<スポンサーリンク>

アボカドにも火が通るので、切ってみたらちょっと硬いな、っていうときでもおいしくなります。
包丁を入れない場合は、スプーンで食べると楽です。

ピザチーズでさらにうまみを足してますが、なくても行けます。
ビールにも日本酒にも合う酒の肴です。

写真:アボカドイカの塩辛のせ焼き

でも「ごはんのおかず」にはなりにくいかなあ……。

これ、まだ東京にいたころに、たまに作って食べてたのです。
誰に教わったのかは忘れてしまった……。

すっかり存在を忘れていたのですが、先日、久しぶりにいかの塩辛を買ったことで思い出しました。
久々に作ったらやっぱりおいしかった。

汚れ物も包丁のみ。手間も時間も少ない。
アボカドがちょっと年中は買わない食材ですが、それさえあればすぐできちゃう。
お手軽かつおいしいつまみとして、忘れずに再登場させよう。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。