【自炊ランチ】そうめんシーズンイン!トマトとツナのぶっかけそうめんでひんやりランチ

こんにちは、つたちこです。
6月も下旬になり、気温もどんどん上がってきました。
我が家では、すでにそうめんが活躍し始めております。
そうめんは茹でる時間が短くていい……。
ずぼらごはんには、もってこいの主食です。

単純なめんつゆでは飽きてしまうので、昨年大活躍した具沢山つけ汁そうめんなども既に何度か作りました。

https://tsutachi.co/blog/2017/06/gudakusan_soumen/

今日もそうめんで何とかしようと思ったのですが、冷蔵庫の中に、火を通して食べるにはあまり適してない野菜が多くて、ちょっと悩ましい。
蒸し暑いので、ひんやり食べよう! と「トマトとツナのぶっかけそうめん」にしてみました。

トマトとツナのぶっかけそうめんのレシピ

2人前です。

トマト1個、キュウリ半分をそれぞれ角切りにしてボウルに入れます。
麺つゆは市販のもの。
「そうめんつけ汁」の比率で薄めますが、野菜から水気が出るので、少し濃いめにしておきます。これもボウルに入れます。
ツナ缶1缶を同じくボウルに入れます。ツナの油は好みで少し絞って。そのまま全部入れるとコクが強くなります。
これらをざっくり合わせたら、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

そうめんはお好みの量で。今回は4把茹でました。

茹でたら冷水で洗った後、氷水に入れてきりっと冷やします。
氷水で冷やすと、ひんやりさが全然違うので、ぜひ。
冷えたら、水をよく絞ります。
ざるに押し当ててギュウギュウ絞る感じ。

<スポンサーリンク>

深皿に水を切ったそうめんを入れて、冷蔵庫で冷やしたトマトツナの麺つゆをかけたら出来上がり。
トマトの赤とキュウリの緑がにぎやか。

トマトとツナのぶっかけそうめん
トマトとツナのぶっかけそうめん、できあがり。

お好みで、煎りごまをふります。
しそやミョウガの千切りを添えても合いそうです。

汁は野菜を切ってあえて冷やすだけ、火を使うのはそうめんだけ。
ラクチンずぼらランチですが、見た目がそこそこいいのが嬉しいところ。

 

では、いただきます。

ひんやりした麺と汁が、蒸し暑い日にとてもおいしい。
トマトの酸味とめんつゆもよく合うし、ツナからも出汁がでるので、全体にコクがあります。
キュウリのシャキシャキした歯ごたえもアクセントでいい感じ。

 

途中、「これを入れたらおいしいかもね」という話から、アレンジ合戦になりました。

まずは、ごま油。
たらりとたらしてみたら、香りがたっておいしい。
これは、最初から入れてもいいかも。

おすすめは、黒コショウ。
味に飽きてきたころに、ゴリゴリと挽いてかけると、ぴりっと味がしまっていい感じ。

<スポンサーリンク>

ちなみに、マヨネーズと塩を試したオット曰く「いまいち合わない」そうです。

あとは、うちになかったのでやらなかったのですが、ラー油とかピリ辛系もいいかも。
豆板醤を最初から汁に混ぜておくのも、よさそうです。

 

あったかいつけ汁もいいですが、ひんやりタイプもそうめんの醍醐味という感じでとてもよいです。
今度、そうめん大量仕入れをしないとだなー。

ごちそうさまでした!

 

やっぱり揖保乃糸が好きです。

めんつゆは「創味のつゆ」ラブです。

ごま豆乳そうめんもおいしいですよ!

https://tsutachi.co/blog/2017/07/lunch_goma-tonyu%EF%BD%B0somen/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。