夏野菜満載。ラタトゥイユシーズン到来

こんにちは、つたちこです。
ここ数日の暑さに、いよいよエアコンをかけずにいられなくなりました。
エアコン、無いと暑いけど、つけるとすぐ寒いのがつらい。

 

そんな真夏間近の伊都菜彩に行ってきました。
売り場はもう、夏野菜ばかりです。

なす、キュウリ、ズッキーニ、とまと、などなど。
デカくて安くておいしいのが、旬野菜のいいところ。

このラインナップが揃ったらつくるしかない、というわけで、ラタトゥイユを作りました。

 

材料は、ナスが1.5本、ズッキーニ1本、玉ねぎ大玉1本、パプリカ1個、ニンニク1片です。
どれも、スーパーで売っている野菜の1.5倍から2倍くらいのサイズがあります。

あとは、トマト缶、塩とコンソメキューブを1個。
香りづけにローリエ1枚。

 

<スポンサーリンク>

久しぶりにバーミキュラで煮ものです。
レシピはこちらを参照しましたが、野菜が大きかったので、大体1.5倍換算してます。
トマト缶は1缶(400g)使いました。

MY VERMICULAR | ラタトゥイユ(#22cm)

このレシピで前に作った時、塩味が薄めだったので、今回はコンソメキューブ入りで補強です。

 

ラタトゥイユのいいところは、洒落た名前だけど難しくないところ。
フランス風野菜の煮物ですね。

中火で余熱したバーミキュラで、ナスを炒め取り出し、ほかの野菜を炒めたらナスを戻し、トマト缶とローリエと調味料を入れたら蓋をして弱火で20分。
この「放置できる時間」が嬉しい。

出来上がってから余熱で10分。できあがりです。

 

コツかもしれないのは、炒めるときのオリーブオイルの量をためらわないことな気がする。
レシピにある「大さじ1」だと、ちょっと足りない気がするのです。
追いオリーブオイルしました。
今回、なすが大きかったからかな……。

 

あと、野菜を炒めるときに、水気が残っていると油がめちゃくちゃはねるので、ご注意を。
基礎中の基礎ですが!
今回ズッキーニ入れた瞬間に大粒の油が飛んできて、自分、左手を火傷しました……痛い。

<スポンサーリンク>

 

できあがったのがこちら。
これで鍋の量の1/3くらいです。
超たっぷりできました。

写真:ラタトゥイユ

味は、必殺コンソメキューブを入れたおかげで、しっかりいい味がついてました。
野菜たっぷり、油っ気もあるのでボリュームも結構あって、とてもおいしい。

今回、なすをかなり大振りに切ったら、ごろごろっとしててとてもいい。
半月切りにしなかったので煮崩れも少ないです。
まわりのトマトソースと、ナスの柔らかさ、ジューシーさが、最高です。

 

気が付くとこの日のおかずは、ラタトゥイユにおからサラダのみ、というベジタリアンメニューになりそうでした。
冷蔵庫に豚肉を買ってあったのを思い出して、急遽、単品で焼いて出しました。
肉・魚類が1品ないと、やっぱりちょっと物足りない感がある……。

 

ラタトゥイユのいいところは、出来立てもおいしいけど、冷蔵庫でひえひえになったのもおいしいところ。
明日は明日で別のおいしさが楽しめる、作り置きとして優秀おかずです。

なのでつい、作るときは大量に作ってしまうのでありました。
夏野菜が安く買える間は、しばしば登場レシピです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ