確定申告は申告後も修正可能!(ふたたび格闘中…)

こんにちは、つたちこです。
先日、とても威勢よく、
「確定申告、終わったー! 我ながら早い! やるときはやる!」
とえらっそうに宣言した私です。

2019年分確定申告終了。e-Taxでの自宅申告がラクチンでした
こんにちは、つたちこです。 2019年分の確定申告がおわりましたー! っていうと、「え、まだ受け付け開始してなくない?」って思う方もいる...

 

うっかりものの私が、今年はとてもスムーズ……!
と余裕をかましていました。が。

実は、見落としがありました!!!
うわー!!!

まだ確定させちゃだめだったー!

イラスト:自分の失敗に気づいて落ち込む女性イメージ

 

<スポンサーリンク>

見落としは、オットの少々面倒くさい確定申告(青色申告)を手伝っている時に判明。

具体的にいうと、投資関係の申告をまるっと失念しておりました……。
微々たるものではありますが、たぶん、申告すれば還付金が発生するに違いないものでした。

わー! せっかく戻ってくるかもしれない税金が!

慌てて、修正申告するにはどうすればよいか調べました。

 

……さっくり見つかりました。

確定申告期限内に誤りに気付いた場合は、改めて申告書等を作成し、確定申告期限までに提出してください。

引用:【申告が間違っていた場合】|国税庁

だそうです。

よかった!!!!
今のところ期限内なので、単純に修正した書類を送りなおせば良いみたいです。

おおごとにならず、ほっとしました。
というわけで、再び、確定申告と格闘中です。

 

それにしても、やはり確定申告は難解でした(いまさら)。

<スポンサーリンク>

改めて追加分の入力内容を色々調べていくうちに、深みにはまる。
「なぜここの数字が連動するんだ??」
から始まり、
「住民税の定義とは……」
「扶養の定義とは……」
「この用語の日本語の意味が分からない……」
などの基本中の基本で悩み中。
似たような言葉が多すぎじゃないですか!? 大混乱です。

超今更の疑問ばかりなんですが、必死に見なれない言葉たちを咀嚼してます。
もっとわかりやすい言葉で教えて、プリーズ!
キーワードでググっても、的確な(私の欲しい)説明が出てこないことが結構あるのです。

あと、「よくある事例」に自分が合わないことが多くて、ますます混乱気味です。
世の中、”サラリーマンの妻” ばかりじゃないよ!(涙)

 

今回いろいろ調べて少しは理解できたと思うんですが、また1年後にはすっかり忘れているんだろうなあ。
来年、知識ゼロにはなっていないことを祈ります。
忘れてても、見たら「あ、思い出した」くらいに記憶にとどめておきたいものです。

せめて、どこかにメモしておこう……。

 

しかし「早く終わっちゃいました!」って偉そうにブログ書いておいて、この体たらくですよ。
おっちょこちょいというか、うっかりというか、まぬけというか。

唯一の救いは「早め対応」だったことでしょうか。
おかげで再提出にも日にちに余裕が。

この「うっかり」に気づくのが3月上旬とかじゃなくて、よかった。
仕事が年度末進行にならないうちに終わらせます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ