寒い日にあったまる!簡単かぼちゃのスープ

こんにちは、つたちこです。
寒い夜のごはんに、最近よく作っているのがかぼちゃのスープです。

例のごとく、ずぼら料理です。
難しくなく時間もかからず、味もそこそこ失敗なくおいしいです。

材料(2人前)

  • かぼちゃ 1/8個
  • 豆乳
  • めんつゆ 大さじ1~2くらい
  • 片栗粉 小さじ1(水小さじ1とまぜて水溶き片栗粉を準備)
    ※片栗粉は省略可

水と豆乳の量は、作り方を参照(適当家庭料理レシピゆえ、ご了承ください)。

作り方

  • かぼちゃの種を取って、ひと口大より小さめ位に切ります。
    大きいと火の通りに時間がかかるので、小さめでスピードアップ。
  • 写真:かぼちゃをひと口大より小さめに切る

  • 小鍋に入れ、かぼちゃが1/3頭を出すくらいの水を入れます。
  • 写真:かぼちゃを鍋に入れ、水を入れたところ

  • 蓋をして、中火で5分~7分くらい煮込みます。
    大きめのかぼちゃに竹串や箸をさしてかたさを確認、柔らかくなったら火をとめます。
    皮と実が分離しそうなくらいがちょうどいい感じです。
    (多少煮崩れてもあまり問題ないです)
  • 写真:かぼちゃが煮えたところ

  • かぼちゃがひたひたになるくらい豆乳を入れます(適当…)。
    ※牛乳でもよいと思います。
  • <スポンサーリンク>

    写真:鍋に豆乳を投入

  • めんつゆを入れます。
    ここでツユの味見をしてチェック。足りなければめんつゆを追加。濃ければ豆乳を追加。
  • 味がちょうどよくなったら、水溶き片栗粉を流し入れ、混ぜながらひと煮立ち。
    全体にゆるいとろみがついたら出来上がり。
  • 写真:つゆに片栗粉をいれ、とろみがついたらできあがり

ほかほかあったまる汁物最高

ほくほくのかぼちゃがたっぷり入った、汁物の完成。
体が中から温まって、冬の夜にとてもおすすめです。
最近メニューに悩むたびに作っている気がする……。

写真:かぼちゃのスープ

時間もそれほどかからないし、水で煮るので焦げたり吹きこぼれたりする心配もほぼありません。
最初のかぼちゃを切る体力さえあれば、出来ちゃいます。
かぼちゃは包丁を真ん中に突き刺して、てこの原理で切るとよいそうです。

最後の片栗粉でつけるとろみは、面倒ならなくてもよいです。
でもとろみがあったほうがより体があったまるし、かぼちゃに回りの汁けがまとわりついておいしい。
ひと手間かかりますが、とろみをつけるほうがおすすめです。
(両方食べてみた結果)

バリエーションも簡単

味付けは「めんつゆ」の和風かぼちゃスープ。
全く同じ要領で、味を変えることができます。

 

<スポンサーリンク>

味噌を入れて、豆乳味噌汁バージョン。
この場合、出汁粉などを入れたほうがよいです。

 

そして、最初の煮込むときにコンソメキューブを1個入れて、洋風バージョン。
この場合、味はコンソメだけでほぼ大丈夫です。味が足りなければ塩を足します。
洋風にするとかぼちゃポタージュ風になります。黒コショウをアクセントにしました。

写真:コンソメ味洋風バージョンのかぼちゃスープ

よりコクを出すのに、最初の煮込み時にバターをひとかけ入れるのもよいです。
(バターは、和風にも洋風にも味噌にもあいます)

いずれにしても、かぼちゃのあまみとスープのしょっぱみのコラボがとてもおいしいです。

 

かぼちゃさえあれば一品できちゃう。
そしてボリュームのある汁物なので、おなかの満足度も上がる。
最近のヒット&ヘビーローテーションメニューでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ