リングフィットアドベンチャー日記:リングの応援なしでいられない体に。

こんにちは、つたちこです。
リングフィットアドベンチャー、開始してから3週間弱経ちました。
無事に継続できています!
日記っていうか週記というか、現状報告です。

現在のレベル

レベル34になりました。
運動時間は合計約4時間。

キャプチャ:リングフィットアドベンチャー 現在のレベル

ワールドは5の途中。
4人の師匠みたいな人と出会い中です。

できるようになったフィットネス

前回以降でアドベンチャー内で追加されたフィットネスはこんな感じ。

腕系

アームツイスト

両手上で素早くひねる。
割と楽な運動でこんな攻撃力高いの? と感じる(個人差?)。

腹系

バンザイモーニング

腕をあげて、腰から前に倒す。
これも全然つらくない、個人的に楽な運動にもかかわらず、攻撃力が高い。

 

アシパカパカ

<スポンサーリンク>

追加されたものの、まだやったことがない。きつそうな予感。
攻撃ではなくライフ回復系らしい。

足系

モモデプッシュ

結構好き。
内股がぷるぷるする。足が細くなりそうな運動。
リングが外れそうになるのを支えないとできないので、見本のほうにできない私。

ヨガ系

扇のポーズ

ライフ回復系らしい。まだやったことがないが、体が硬いので苦手な予感

回復系はほうれん草スムージーに頼りがち……。一個いれておいた方がよいのかな。

 

英雄2のポーズ

片手で持つリングが重くてつらい。
でも肩回りがほぐれる感じがして、気持ちがいい。

腹筋が筋肉痛に!

前までにはなかったことで、一度、腹筋の筋肉痛が起こりました。
プランク、バンザイモーニング、スワイショウ、あと腹筋ガードをしながら船をこぐのをたくさんやった翌日でした。

ちゃんと使えてるんだなあ! と実感。うれしい。

前向きな言葉は重要だ

リングフィットアドベンチャーのフィットネスでは、足や腕の角度などによってレベルチェックされ、ちゃんとできていると「Best」、いまいちだと「Good」と判定されます。

そして「Best」を出すと、一緒に行動するキャラクター「リング」がめちゃくちゃほめてくれます。

いいね!
すごい!
よしよし!
完璧!
すばらしい!
OK!
輝いてるよ!

などなど。
めっちゃいい声ではきはきと。バリエーション豊富です。

 

<スポンサーリンク>

最初は「ちょっと言いすぎ……」と思っていたのにもかかわらず、今ではないと寂しい。

その褒められる言葉が欲しくて、「Best」を目指して頑張ってしまう。
(「Good」ではほとんど言ってくれないのだ)

こんなに徹底的にひたすら褒められるの、普段ないですよ。
ほめられるとゲームであってもやっぱりうれしいので、筋トレがキツイときにも気持ちが上がります。

マラソンでもつらいときに応援される効果は実感していますが、リングフィットアドベンチャーでもリングの声の力で「頑張ろう」と思ってしまう。
前向きな言葉のパワー、すごい。

 

ちなみに、アドベンチャーモード(RPG的なゲーム)のほかに、フィットネスに特化した「セットメニュー」もたまにやるんですが、こちらには「リングの誉め言葉」はないのです。
なので、ちょっとさみしい。
こっちもがんばるから、リングに褒めてほしい。

ゲーム進行を優先するか、フィットネスを優先するか

「敵を倒す」要素のあるアドベンチャーモードでは、フィットネスの種類を選ぶときに、つい「敵を倒しやすいもの」を選びます。
主に「敵の色」に合わせたフィットネスだったり、強度の強いだったり。
まあ、そういうゲームなんですが。

結果として、やるフィットネスが偏ってしまいそうな気がするんだけど、そんなことないのかな。
ある程度バランスよく鍛えられるようにできているのだと思いますが、そんな心配をしてしまう。

そういう心配な人は、自分の鍛えたい場所にあった「セットメニュー」をやればいいのですが、そっちは「リングの応援」がないので、ちょっとつまらないのです。わがまま。
かたよりは、あまり気にしないでいいのかなあ。

 

ともあれ、引続きがんばります。
筋肉は一生の相棒!

 

 

これまでのリングフィットアドベンチャー日記です。

リングフィットアドベンチャー日記:じわじわきつくなってきました
こんにちは、つたちこです。 Nintendo Switchの筋トレゲーム「リングフィットアドベンチャー」を始めて、約1週間経ちました。 ...
Nintendo Switch「リングフィット アドベンチャー」で筋トレ開始
こんにちは、つたちこです。 Nintendo Switchのソフト「リングフィット アドベンチャー」をようやく手に入れました。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ