【糸島ランチ】「一九ラーメンいち里」あっさりとんこつラーメンとサクサク餃子!昭和の香りのラーメン屋さん

こんにちは、つたちこです。
久しぶりにとんこつラーメンを食べました。

福岡でラーメンといえば、当然豚骨ラーメンです。
既に福岡在住2年を超えたというのに、ラーメンに関しては数えるほどしか食べていません……。

たまにはラーメン食べるか! とやってきたのは「一九ラーメンいち里」
JR周船寺駅と波多江駅の間にあり、唐津街道沿いにあるラーメン屋さんです。
通りすがりによく見るものの、入ったことはありませんでした。

写真:福岡糸島 一九ラーメンいち里 外観

 

引き戸をあけて中に入ると、威勢のいい声で出迎えられました。

中は結構広い。カウンター、テーブル、そして小上がり席まであります。
お昼過ぎの時間でしたが、ピークは去っていたのか、食事中のお客さんが2、3組いて落ち着いた雰囲気。

写真:福岡糸島 一九ラーメンいち里 店内の様子

奥のテーブルに座り、メニューを拝見。
ラーメンをはじめ、ワンタンメン、糸島野菜ちゃんぽん、そして土日限定の豚骨スープを使ったカレーまであります。
バラエティ豊か!

色々気になりますが、初回なので、基本のラーメンと餃子のセットにしてみました(たしか700円くらい……)。
麺のかたさを聞かれましたが、そのあたりはこだわりないので「普通」でお願いします。

 

お水はセルフで、入口近くの冷水タンク(?)にとりに行きます。
漫画雑誌や新聞がおいてあったりと、なんかこう、昭和感。

<スポンサーリンク>

 

しばらく、と言ってもほんの数分だったと思います。
ラーメンがやってきました。はや!!
この早さが豚骨ラーメンのいいところ。麺が細いからですかね。

写真:福岡糸島 一九ラーメンいち里 基本のラーメン

オーソドックスな感じの青ネギ、チャーシュー、すりゴマ。
豚骨には紅ショウガをいれたい派なので、テーブルに大きなタッパーで置いてある紅ショウガを入れます。

写真:福岡糸島 一九ラーメンいち里 ラーメンに紅生姜

準備OK。

そしてセットの餃子もすぐに追いかけてやってきました。
小ぶりなサイズですが、表面がかりっとしていておいしそう!

写真:福岡糸島 一九ラーメンいち里 セットの餃子5個

 

ではいただきます!

 

白いスープは、豚骨の香りはしっかりしますが、それほど脂っこくなく、予想以上にあっさりした印象。食べやすい。

細麺は、茹で加減「普通」でお願いしましたが、私の印象としてはしっかり固めです。
とんこつラーメンの麺は、基本かためってことですかね。

チャーシューはとても薄いものが2枚入っていました。こちらもあっさり食べられる感じ。

全体に、とても食べやすい味です。おいしい。

<スポンサーリンク>

 

そして餃子ですが、食べようとしたら両面に焼き色がついていました。
珍しい。
皮がとてもさくさくで歯ごたえがいい。なのに、油っこくないのはなんでだろ……?
中の餡は結構ニンニクのきいたパンチある味わいでした。

 

ごちそうさまでした。

帰ってから改めて調べたら、「一九ラーメン」は親族経営のチェーン店(と言っていいのか)なんだそうです。

参考:福岡県内のみで親族経営50年!各店の違いも解説「一九ラーメン」全7店 – メシコレ

福岡近辺に7店舗、それぞれが独立したメニューもありつつ、地域密着型ラーメン店なんだそう。

そして、「一九ラーメン=ワンタンメンが名物」なんだそうです。

たしかにワンタンメンがメニューの先頭にあった気が(うろおぼえ)。
珍しいな、と思ったのに普通のラーメンを食べてしまった!!

次回行ったときには、ぜひワンタンメンを食べてみます、といいつつ、うっかりちゃんぽんとか食べてしまいそう。

 

一九ラーメン いち里
福岡県糸島市高田5-24-20

一九ラーメン いち里(食べログ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ