【自炊】早すぎる肌寒い日のポテトグラタン

こんにちは、つたちこです。
ここ2日ほど、急に気温が下がって秋めいてきました。
8月も最終週とはいえ、秋になるのはちょっと早いんじゃないの……!?
半そででは寒いほどです。急すぎる。

肌寒い日であればごはんであったまろう、というわけで、8月に作るにはちょっと早い気がしますが、グラタンを作りました。

 

以前から一度作ってみたかったグラタンがありました。
ミルクで煮込んだポテトグラタンです。
こちらのレシピを参考にしました。

じゃがいものミルクグラタン by石原洋子さんの料理レシピ – レタスクラブ

牛乳だけでとろ~り美味しいポテトグラタン by HANAcafe 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが315万品

※本当はアンチョビの入った「ヤンソンさんの誘惑」が作りたかったのですが、アンチョビがなかったのだった……(今日は買い物行かないデー)。

 

ポテトグラタン 材料

今回の私の作った材料です。
およそ2人前です。

  • ジャガイモ 2個
  • バター20gくらい
  • 豆乳
  • 胡椒
  • ナツメグ
  • とろけるチーズ

容量がわからないのが多いですね……。「適宜」というアバウトさ。
人数が増える場合は、ジャガイモをベースに全体を増やせばいい、っていう適当感が好きです。

作り方

先ほどの2つのレシピをミックスしてます。

<スポンサーリンク>

ジャガイモの皮をむいて、スライサーで薄切りにします。洗いません(←重要)。

写真:ポテトグラタンのレシピ  ジャガイモをスライス

鍋にバターを溶かし、薄切りジャガイモを入れて炒めます。
バターを全体に和えたら、豆乳を入れます。
豆乳の分量は「じゃがいもがひたひたよりちょっと多め」くらい。

写真:ポテトグラタン のレシピ ジャガイモを鍋で炒めて豆乳を入れる

弱めの中火で煮ていきます。沸騰させないように気を付けます。
たぶん、沸騰すると豆乳がもろもろに分離してしまう気がする。

煮始めたら、塩とナツメグを少々。
たまに全体を混ぜながらしばらく煮ます。

写真:ポテトグラタンのレシピ とろみが出てきたところ

徐々に豆乳にとろみが出てきます。ジャガイモのでんぷんが溶けてとろみをつける役をするので、洗わないのが重要なのですね。
とろみが強くなると、鍋のふちから泡立ってきます。
焦げないように気をつけつつ、もうちょっと煮ます。
ここで豆乳の味見をして、塩加減を調節。
あとでチーズを入れるので、味はあまり濃すぎないほうがいいと思います。

とろみが、ゆるめのホワイトソースくらいになったら、火を止めて、耐熱皿に移します。
なるべく平らになるように。

写真:ポテトグラタンのレシピ 耐熱皿に煮たジャガイモを移す

上にチーズをのせて、オーブンかトースターで焼きます。
うちのオーブンは「グラタン」モードがあるので、それで15分ほど焼きました。

写真:ポテトグラタンのレシピ 煮たジャガイモにチーズをのせる

焦げ目がついたらできあがり。
あつあつです!

写真:ポテトグラタン できあがり
熱いので、鍋敷きをお忘れなく。

肌寒くなった日のごはんにおすすめ!

焦げたチーズと、とろけたチーズ。
ジャガイモはスライスしてますが、意外とほくほく感があります。
そしてトロっとしたミルクソース。

<スポンサーリンク>

これは結構いけてるんじゃないでしょうか!

写真:ポテトグラタン

肌寒い日に、とてもおいしいご飯になりました。
白ワインとか合いそう。

 

ポイントはたぶん、スライサーでジャガイモを薄切りにすること。
表面積が増えてでんぷんもたくさん流出、とろみがつきやすくなるのかも。

あとは煮るときに沸騰させないように気を付けて。

 

材料は家にあるものばかり。
手間と時間はちょっとかかりますが、難しいところはありませんでした。
また、うちは豆乳しかないので豆乳で作りましたが、元レシピは牛乳です。もっと濃厚になるかもですね。

ナツメグは控えめに入れたんですが、もうちょい強くてもよかったかも。この辺は好みですね。

 

おなかにしっかりたまるし、ほかほかに温まるレシピで、これからの季節にとてもいい。

次回はアンチョビを用意して、もう一味加えたものを作ってみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ