【自炊ランチ】がっつり他人丼。あんまり作らないものをじわじわ開拓

こんにちは、つたちこです。
毎度のことですが、ありものde自炊ランチです。
が、昨日の反省を踏まえ、いつもやらないものをやるぞ!

というわけで、「他人丼」を作りました。

 

この日の家にあったメインで使えそうな材料は

  • 豚小間切れ
  • たまねぎ

トマト缶は常備しているので、パスタにしてもいいかと思ったのですが、あんまり作ったことのないものにしよう、と思い立ち「他人丼」にしました。
鶏肉と卵だと親子、豚肉と卵なので他人、と、すごいネーミングだ。

 

作るのは難しくありません(2人前)。

玉ねぎ1/2個を薄切りにして、めんつゆで煮ていきます。
めんつゆの濃さは、箱に書いてあった「牛丼」の作り方を参考にしました。
卵丼用の鍋などはないので、小さめのフライパンで代用。

<スポンサーリンク>

写真:他人丼の作り方、玉ねぎを煮る

玉ねぎが煮えてきたら、豚小間切れを入れ、さらに煮ます。

肉に火が入ったら、卵。
今回は2人前で卵2個。

写真:他人丼の作り方 卵2個

たまごはときすぎず、白身と黄身が混ざりきらないくらいのものを一気に流し込んで、ふたをしたら10秒くらい火にかけてから消火。
このまま30秒ほど蒸らしたら完成。
卵具合もとろとろにできました!

写真:他人丼の作り方

炊き立てごはんをどんぶりに入れ、フライパンの中身を上にのせる。
グリーンピースなどはないので、もみのりをのせて、せめてものアクセントに。

 

同時進行で、塩蔵わかめの味噌汁と、冷奴を副菜に。
どんぶりランチの出来上がりです。

<スポンサーリンク>

写真:他人丼 味噌汁、冷ややっこ

 

いただきます。
ちょっと薄味だったかも。
めんつゆが野菜の水分でちょっと薄まったかな?

たまごのとろとろと、めんつゆのしみしみごはんがおいしい。

写真:他人丼

がつんとどんぶりランチもたまにはいいですね。
どーんとおなか一杯になりました。

 

しかしめんつゆの万能さはすごい。
どんぶりものでいろいろアレンジができそうです。

そして、いまごろ「きのう何食べた?」ドラマの撮りためをちょいちょい見ているんですが、あのドラマを見ると自炊欲がアップしますね。
今度はちゃんと材料揃えて、真似して作ってみようと思います。作ったことのないものを作る活動促進!
鮭とキュウリのお寿司作りたい!(まんまとはまっている)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ