【糸島ランチ】周船寺「蓮華」で本気の麻婆豆腐に挑む!劇的旨辛!

こんにちは、つたちこです。
糸島ランチ開拓です。
以前から気になる存在だった、JR周船寺駅近くの中華やさん「蓮華」に行きました。
元ホテルのシェフが開いたお店とのこと、おいしさは地元在住Tさんのお墨付きです。

写真:周船寺近くの中華料理店 蓮華外観

蓮華にやってきました

 

場所は、JR周船寺駅の改札を出てのびる道を3分ほど歩いたところにあります。
最近車が突っ込む事故があったそうで、しばらく休業改装していたとのこと。

 

到着したのは平日13時半。
ラストオーダーぎりぎりか!? という時間に飛び込みました。

この時間なら空いているだろう、と踏んでいったのですが、7割ほどのテーブルが埋まっています。
ちょっと予想外。
こちらの思う以上に人気のお店なのかも……。

写真:周船寺近くの中華料理店 蓮華 テーブルの様子

この時間でも結構なにぎわい

入ってすぐに、
「今日はもう売り切れているものが結構あって……」
と、申し訳なさそうにお知らせがありました。

あるもので問題ないです! と入らせてもらいました。

 

メニューは、日替わり1種、週替わり3種、通常メニューで麻婆豆腐ランチと、担々麺、鶏肉とネギの塩そばというのがありました。
すでに売り切れていたのは、日替わり1種と週替わり2種。

初回訪問なので、定番が食べたかったので問題ありません。

私は四川式麻婆ランチ(880円)、オットは担々麺ランチ(900円)をお願いします。

 

オーダーすると、
「麻婆豆腐は結構辛いですが、大丈夫ですか?
と、確認されてしまった。

念押しするほど辛いのか……。
お願いすれば辛さの調整もしてもらえるようです。

一瞬ビビりますが、元の辛さを知らずに調整するのもなんだかもったいない。
私はそれほど辛いのが苦手ではないので、ノーマルのままでお願いします。

 

周りの人は、すでに売り切れたという海老の旨煮やイカの炒め物を食べている様子。
あっちもおいしそうね……。
また今度来なくては……と食べる前から考えてしまう。

 

<スポンサーリンク>

待っている間にお店の中を拝見。
キッチンは半分オープンになっていて、座った席から少し中の様子が見えます。
什器がぴかぴかにきれいに磨いてあるのが見えて、期待度が高まります。

ピカピカに磨かれたキッチンは、一流のお店の証! と私の大好きな本「調理場という戦場」に書いてありました。
この法則が今まで外れたことはほぼありません。

写真:蓮華 お店の様子

ステンレスの什器がピカピカのお店は信頼できる印。



 

10分ほど待ったでしょうか、やってきました。

写真:蓮華 四川式麻婆ランチ

熱気がすごい!

地獄や。地獄鍋や……!!!

と、なぜかエセ関西弁で言いたくなってしまうような麻婆豆腐がやってきました。

写真:蓮華 麻婆豆腐

ぐつぐつ音立ててる……!

鍋の中で、黒ずんだ赤の麻婆豆腐がぐつぐつと音を立てています。
熱気が!

これ、ほんとの本気の麻婆豆腐だ。
気合を入れていただきます。

 

いやいや、その前に、おなかのウォーミングアップ。
スープを飲んでみます。

澄んだ色のスープにきめ細かな溶き卵。
コクのある味わいに、ふわっと柔らかい卵がとてもおいしい。
ほっとする味。

メイン以外のものがおいしいお店はだいたい当たりなのだ。幸せの予感。

そして、「これは、来るべき戦いのインターバルのために、取っておかないといかんやつだな」と確認。

 

いざ、麻婆豆腐。
れんげによそって、ひとくち。

……!!!
あっつ!!!
かっら!!!

辛いっていうか、舌にびりびりっとくる!
しびれる麻婆豆腐!

「麻」とは「痺れる」を表す漢字だと聞きますが、マジでしびれがすごい。

とにかく熱すぎてまともに味がわかりません。
白ごはんを食べても、ご飯の熱で、ますます口の中が訳の分からない感じになります。

息で冷ましながら挑みます。
本気で挑まれたものに、本気で挑み返すような気持ちになってきた。

 

徐々に辛味に慣れてくると、じわじわおいしいほうが確認できるようになります。
花椒がたっぷりで、香り豊か。
うん、辛いししびれる。
かなり辛いんだけど、とてもおいしい。

 

<スポンサーリンク>

本気の麻婆豆腐の合間に、心のオアシス「卵スープ」。

そして小鉢には蒸し鶏がついてます。
柔らかくしっとり蒸されてて、おいしい甘辛酢醤油味のタレが絡んでていて、ひんやりとしている。
心のオアシスパート2。

口の中に安らぎを与えながら、麻婆豆腐を食べ進みます。

 

途中、オットの担々麺も一口もらいました。

写真:蓮華 担々麺ランチ

担々麺がまたおいしいのだ。

自分のメインが麻婆豆腐だったため、辛味はほとんど感じず、ごまスープのまろやかさが素晴らしくおいしい。
麺はかなり太目で、とろっとしたスープにちょうどあってます。

これはとてもおいしいなー。
舌が若干しびれてるのがくやしい。

ちなみに、麺の後には白ごはんを入れるのを推奨しているそうで、このおいしいスープでおじやにしたら、そりゃおいしいに決まってる!!
私もスープをちょっともらって、自分の白ごはんにかけて食べました。幸せの味。

 

さて、激辛ではありますが旨みもしっかりあるので、熱い辛い! と言いながらも食べ進められちゃう。
麻婆豆腐、見事完食ですよ。

久しぶりに本格的な手加減なしの四川麻婆豆腐をいただきました。

 

ランチでは食後に飲み物もついていて、アイスコーヒーをお願いしていたのですが、食後のクールダウンにピッタリでした。

写真:蓮華 食後のコーヒー

アイスコーヒーでクールダウン。

ごはんを食べただけですけど、「いい戦いをした!」みたいな爽やかな気持ちになってるのは何なんでしょうね。
汗かいたからかな。
席を立ったら、膝の裏がしっとりしてました……。

 

ごちそうさまでした。
本格中華料理を手軽に食べられる素敵なお店でした。

今度は辛くないやつも食べてみたいな……。
というわけで近々またお邪魔したい!

 

蓮華
福岡県福岡市西区周船寺2-7-7

蓮華 (姪浜/中華料理)
★★★☆☆3.06 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ