【九段下ランチ】「逸品坊」で一口担々麺セット。麻婆&担々麵の旨辛コンビでほっかほか

IMG_7267九段下から坂を登り切り、半蔵門方面に少し下ったところにある台湾料理屋さん「逸品坊」にきました。
まわりはオフィスビルばかりのちょっと外れた場所にぽつんとあります。
先日「さとう」に行ったときに通りかかって、気になっていたので来てみました。

入口にメニューが書いてあります。
担々麺がメインランチらしく、汁あり/汁なし、とあります。
あと、麻婆豆腐。
ランチタイムは辛いものづくしですね。

入るとお店の人に声をかけられました。
聞き取れずに入ろうとしたら「食券さきね!」と案内されました。

よく見たら目の前に食券機があります。
先に食券を買うタイプのお店でした。

しまった。
何にするか決めていませんでした。
幸い他に待っている人がいなかったので、券売機の前でしばし悩み、担々麺と麻婆豆腐の2種類が食べられる「一口担々麺セット」にしました。(1000円)

「一口担々麺」、つまり麻婆豆腐がメインで、担々麺も食べられる、というメニューです。
大きいのが麻婆豆腐なら、そっちを名前にするべき、とも思いますが、あくまで担々麺が主役のようです。

案内してくれたお店の人は元気でニコニコ。
いい雰囲気です。

お店の中は、テーブル席ばかり、13×2人テーブル。
13時半ごろでしたが、おじさま率が強いですね。
…とおもったら、二階席もあるようで、途中で若い女性も降りてきました。

ランチタイムも喫煙OKなので、苦手な人は要注意です。

それほど時間をおかずに、きました。

麻婆豆腐も担々麺も。ボリュームランチ!

麻婆豆腐も担々麺も。ボリュームランチ!


まずは麺が伸びないうちに、担々麺からいただきます。
ゴマだれのスープがおいしい。
あまりとろみがない、さらっとしたスープですね
麺は細めの縮れ麺です。つるっとした感触。
よくイメージする担々麺だと青梗菜が茹でたのが入っていたりしますが、このお店ではシャキッとしたもやしがたくさん入ってアクセントになってます。
ラー油と花椒もかかっていますが、どちらかというとごまのまろやかな方が先に来ます。
スープがおいしいなー。

「一口」担々麺、とありますが、結構、量がありますよ。

からそう!と思ったけど、まろやかさが勝った担々麺。

からそう!と思ったけど、まろやかさが勝った担々麺。


さて、麻婆豆腐。
これは花椒たっぷりの本格派で、かなり辛い!!
ラー油の量もハンパないです。
ボリュームもかなりあります。
いかにも辛そうな麻婆豆腐。刺激的です。

いかにも辛そうな麻婆豆腐。刺激的です。


豆腐は弾力があって、やさしい味で、オアシスのようです…。
この豆腐なしでは食べ進むの厳しい…。

それから、黒っぽいものがたくさん入ってたので、
「麻婆豆腐でキクラゲって珍しいな…」
と思って、よくよく見たら焦げた唐辛子でした。

あぶなかった…!!思いっきり食べる体制でした。
気を付けてよけていきます。

横に添えられたごはんと一緒に食べ進みますが、後半、ごはんがラー油に浸かってしまって、辛い。
最後はラー油の海を残してギブアップ。ごめんなさい。

辛さで汗がでる、というより、いろんな刺激で鼻水が垂れそうになりました。
あぶないあぶない。

とても本格的な麻婆豆腐でした。
辛いけど、味は好きです。
おいしい。

でもどちらかというと、担々麺の方がマイルドで好きかなあ。
麻婆豆腐もおいしいのですが、辛さと大量の油がちと胃袋的に辛い。
ちょっとだけたべたい。くらいな感じ。

食後に、サービスコーヒーもでました。
13時以降のサービスのようです。
一息つけてありがたや。

ごちそうさまでした!
おなかポカポカだー。

逸品坊(食べログ)
FullSizeRender

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ