春の大発作。花粉症状大爆発の巻

こんにちは、つたちこです。
先日、花粉症が再発(正確には治ってなかったというべきですが)した話を書きました。

花粉症再発!ニットが着られなくなりました。
こんにちは、つたちこです。 2月も終わりです。 日差しは明るく、外からはへたくそな鶯の鳴き声が聞こえ、沈丁花の香りが漂います。 もうう...

その時の症状は、目のかゆみと、肌の過敏。
つらいですが、しばらくしたら、結構落ち着いてきていました。
ちょっとほっとして、安心していました。

 

が、昨日のことです。
夕方、軽めのジョギングに行ったのですが、30分ほど走って帰ってきたとたんに、以前の花粉症の症状が大爆発しました。

くしゃみ、鼻水が止まりません。
あと涙がでまくりで、拭いても拭いても常に目に水たまりがあるような状態。

イラスト:くしゃみをする女性

今回はノンストップくしゃみ。

 

<スポンサーリンク>

これはやばい。
あわててシャワーを浴びて、全身の花粉を落としたのですが、既に体内に入ってしまったものは落とせません。
始まったアレルギー症状は、「発作」とでも言いたいくらい、ひどい状態が続きます。
収まる気配なし。

ここ数年、症状が落ち着いていたこともあって、抗アレルギー薬も家にないし、ティッシュも普通タイプのしか在庫がありません。
あっという間に溜まるティッシュの残骸。
普通のティッシュでは、鼻が削れてしまう……!
高級ティッシュ欲しい!!

 

結局、夜寝るまで収まらず、というか、寝ようとしても眠れない状態。
じっとしてても、目と鼻から水がとめどなく溢れます。
体内の水分出し切るまで終わらないのかな。

ようやくちょっと収まってきたかな……と思ったら、今度は鼻づまりです。
これこそ花粉症症状。
そうそう、こういうのだった、と思い出しました。
ついさっきまでだらだらと流れていたはずなのに、急に態度急変して一気に詰まってしまうの、なんなんですかね。

鼻で息ができないので、とても苦しい。
口呼吸せざるを得ないので、口ものども乾いてしまう。
泣きたい。

 

昔、漢方薬やさんで、肩をもんでもらったら鼻詰まりが治ったことがあるのを思い出しました。

漢方薬やさん曰く、「鼻づまりは顔まわりの血流が悪くなることで起こる」んだそう。
なので、首から肩にかけて揉んで血流をよくすると、顔にたまった血がうまく流れるようになり、鼻づまりが治るんだそうです。
その時、私は劇的に鼻詰まりが治って感動したのでした。

対処方法を思い出したので、一度起きだして、最近よくやっている肩甲骨ストレッチと肩・首をぐるぐる回す運動をしてみました。
しばらくやってベッドに寝なおすと……。
鼻づまり、なおったー!! すごい!

漢方薬さんの話で、今までで一番役に立っている情報。
おかげでようやく眠りにつくことができました。

<スポンサーリンク>

 

それにしても、ひどい目にあいました。
久しぶりの症状だったので、よけいつらかった。

翌日の今日は、雨ということもあって終日家に引きこもりで仕事していたのですが、多少のくしゃみはありつつも、前日のようなひどい症状は出ません。
やっぱ引きこもり最高です。

 

ちょうどこんなツイートも見かけました。

ああ! たしかに!
ただのくしゃみ鼻水だけではなく、全身だるくなってモノが考えられない感じになりますよね。
体内免疫暴走のせいだったのか。
納得です。

 

こうなってしまうと、この時期は、うかうかジョギングも出来ませんね……。
薬を飲まないとだめか……と暗い気持ちになります。

あと、せっかく治った(と思うくらい症状が出なくなってた)のに、全然そんなことがなかった。
だめだったか、とあきらめの気持ちもありつつ、ぬか喜び発覚で悲しみが深い。
やっぱり一生のお付き合いなんですかね……。とほほ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ