【自炊ランチ】バジルソースのパスタは、思ったより簡単でうまい!香りが最高のごちそう

こんにちは、つたちこです。
うちのベランダのバジルですが、すくすくと無事に育っています。
たまにお水をあげてるだけなのに、元気に育ってえらいな。

https://tsutachi.co/blog/2018/05/basil/

そんなバジルですが、4本も苗を植えてしまったので、ちびちび使ってはいるものの、気が付くと「わっさー」という感じに育っていました。
茎が、葉っぱの重みでたわんできてしまってます。

これは一度刈り取りしたほうがいいのでは。

というわけで、重そうなところを収穫したのですが、なかなか大量。
そのままトマトなどと食べるにしてもちょっと多い。

これをおいしく食べるには! と検索して、バジルソース(バジルペースト)が引っ掛かりました。
意外と簡単そうなので、これをチャレンジ。

バジルソースの作り方(簡易版)

ブレンダー(バーミックス的な)の入れ物に、小さめに切ったニンニク1片と、オリーブオイルを適当に入れてウイーンと攪拌。
最初オイルが少なくてうまく回らなかったので、足したりしました。

ニンニクがみじん切りになったところで、茎から外したバジルの葉っぱを大量に投入。
大きなものはあらかじめ適当にちぎっておきます。

<スポンサーリンク>

入れたらまた、ブレンダーで攪拌。
どろどろのソース状になるまでひたすら2、3分回します。

これで出来上がり。はやい!
基本ソースができたら、パスタを2人前茹でます。

バジルソースをボウルに移して、塩コショウと粉チーズを適当に入れて混ぜます。
これは、目分量だったので、味見をしながら調整。
ちょっと薄味かな、くらいな味付けでOK。

この段階で、バジルがめっちゃ香ります。

ゆであがったパスタのお湯を切って、ボウルに入れて和えます。
全体に混ざったらできあがり!

火を使うのも、パスタ茹でるだけなので、らくちんでした。

これだと具がないなー、ということで冷凍庫を探した結果、小海老の天ぷらを発見。
これをグリルで温めてのっけました。1匹だけだけど。

リッチにするなら、海老、イカなんかをパスタと一緒に茹でるとよさそう。

できたてバジルソースパスタは、バジルの香りがたまらんです

バジルソースのパスタ。
バジルソースのパスタ。緑が鮮やか!

ではいただきます!
ひと口食べてみると、めっちゃバジル! 香りが口いっぱいに広がります。
さすがフレッシュバジルを砕きたて。
いい香り。
パスタのみ、という簡素なランチですが「お店!?」という味わい……!(いつもの自画自賛です)

<スポンサーリンク>

のっけた小海老の天ぷらもよく合ってました。
さっくさくの衣にバジルソースが絡んでいい感じ。
もっと数があればよかったね……。

バジルソースのパスタ。
ちょっと海老のしっぽが焦げてしまった。けどしっぽまでカリカリ。

あとは、同じソースで、冷製にしてもいいかも。
パスタを細目にして冷やして締めてから、バジルソースに絡めたらいい感じになりそうです。
その場合は、生ハムとかのっけてもおいしそう。(生ハム買ってこないと!)

 

「バジル苗4本はちょっと多いかなー、食べきれるかなー」と買った時に思っていたのですが、こんな風に大量に使うことで楽しめるレシピもあるのね、と感心しました。

ちなみに、バジルソースは本当は松の実とかも一緒に砕いたほうが、とか、アンチョビいれるべし、とかありましたが、まあ、家に松の実なんてそうそうないですよね。
どちらも簡略化しましたが、十分おいしかったです!

ソースは薄味にしておいて、食べながら追い粉チーズするのもいい感じでした。

またしばらく放置して、バジルの葉っぱがわさわさになってきたらやろうと思います。
1度食べるとしばらく食べられない、ってところがまた、ベランダ菜園らしくていいんじゃないでしょうか。

 

これがあるとないとでかなり手間が変わります。既に手放せない存在。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。