トマトソースパスタがうまく作れたので、いつもと違う点をメモ

こんにちは、つたちこです。
きょうも自炊シリーズです。

ランチによく作りがちなのがパスタ。
適当な具材があればなんとかなっちゃう、ありがたい存在です。

私はトマトソースが好きなので、トマト缶は箱買い。
ですが、なかなか納得のいくトマトソースができることがありません。
酸味が強かったり、汁けが少なすぎたり、逆に水っぽすぎたり。

それでもまあ、なんとなく食べれるのがトマトソースの懐の深いところですが、今回作ったトマトソースが自分的にうまくいったのがうれしい。

しめじとベーコン、ツナのトマトパスタ。オクラをトッピング。
しめじとベーコン、ツナのトマトパスタ。オクラをトッピング。

<スポンサーリンク>

大体いつものレシピは、2人前でこんな感じ。

  • ニンニク 1片 薄切り
  • オリーブオイル 適当(大さじ1くらい?)
  • トマト缶 1缶
  • 玉ねぎ 1/2個 薄切り
  • 野菜 あるもの適当
  • 動物性タンパク質(ベーコン、鶏肉、豚肉、ソーセージ、あるいはツナ缶など)
  • 塩コショウ

純粋にトマトとニンニクだけ、ということはあまりなくて、たいてい野菜を一緒に入れて炒めてトマトで煮込みます。

で、今回の、いつもと違うポイントはこんな感じ。

  • 塩を強めにした
  • 乾燥バジルを煮込み中に多めに入れた
  • (味見したら酸味がちょっと強かったので)砂糖を一つまみ入れた
  • トマト缶にプラスして水を缶に1/4くらい追加

いつも私は塩味が薄目に作りがちなので、気合を入れて塩してみた。
ある程度の味の濃さは必要だ。

<スポンサーリンク>

乾燥バジルはいつも最後に振りかけてたけど、煮込み中に入れることで、全体にハーブの香りが付いたような。気がするような。

水分。いつも酸味を飛ばそうと煮詰めすぎて濃くなり、結果麺を和えると汁気なし、になりがちなので、多めにしてみた。
結果、ソースをパスタにあえて盛った状態で、汁気が適当にあり、食べ終わる頃にほぼソースがなくなるという、自分的にぴったりな濃度。

味もなんか、すごく好みにできた。
おおお、うれしいぞ。

これ再現できるようにしたい。
ということで、記念メモでした。

ちなみに、パスタも箱買いです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。