夏野菜が出そろったらラタトゥイユ! レシピいろいろ検討

こんにちは、つたちこです。
夏野菜がすっかり出そろってきまして、値段も落ちてきました。
すてき。
こうなるとつくらねば!となるのが、ラタトゥイユ
夏野菜の洋風煮物ですね。

 

今回使った野菜はこちら。
玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカ、ナス。トマトはトマト缶を使用しました。

レシピはいろいろありますが、今回の作り方はこちら。
野菜を全部1cm幅くらいに切って、大きいのはさらに半月に切ります。
つぶしたニンニクいりのフライパンにオリーブオイルをたっぷり目にいれて、野菜ごとに、なすから順に炒めて、表面に火が入ったら鍋に入れます。
鍋は久々の登場、バーミキュラ先生です。

全部炒めて鍋に移したら、トマト缶とローリエの葉っぱと塩小さじ1くらいを入れて、弱火で20分。
野菜を大きめにしたので、全体を混ぜてから、もう20分煮込みます。

これでほぼできあがり。味見して塩が足りなければ追加。

 

出来立てもおいしいですが、私はしっかり冷やした奴がすきです。
なので今回は昼間作って、冷やしておいたものをいただきます。

ラタトゥイユ

野菜のうまみがごった煮になってうまい。

暑い日に、冷たい野菜煮がうまーい。
結構たっぷりオリーブオイルを使っていても、さっぱり食べられてしまいます。

 

「きのう何食べた?」にもラタトゥイユ載ってたよなあ、と見返してみました。
ラタトゥイユは9巻に掲載。表紙が夏全開ですね。

きのう何食べた?9巻

アロハ!の二人が表紙です。

私の作り方、「きのう何食べた?」を参考にしていると思っていたのですが、今回改めて見返したら、かなりアレンジしまくっておりました。
「きのう何食べた?」では、鍋にどんどん野菜を追加しながら炒めて、そのあと煮るスタイルでした。

きのう何食べた?ラタトゥイユ

炒めながら鍋に野菜を追加していくスタイルです。

私はフライパンでいったん炒めてから鍋に移して煮るスタイル。
これは別のレシピから持ってきたような気がする……。
順番にフライパンで炒めると、油が回りやすいので炒めやすいのでした。
ただし洗い物が増える(フライパン)ので、シロさん的にはないか……。

あと、バーミキュラの公式レシピにもラタトゥイユがありました。

https://owners.vermicular.jp/recipes/detail/desk/154

これもナスはいったん炒めてから取り出しますが、ほかは全部一度に炒めるスタイルです。

次は鍋で全部完結するスタイルでやってみるかな。

 

このラタトゥイユは、そのままはもちろん、パスタソースにしてもとてもうまい。
夏野菜が出回る間は何度も作りますよ!

冷製のラタトゥイユパスタ!

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ